Blog

2019.12.02更新

こんにちは、看護師の矢野ですleaf

やっと冬らしい寒さになってきましたun

我が家のわんこたちも、毛布が恋しいようで・・・

2

仲良くくるまっておりますnyan

 

 

寒い季節に多い病気といえば、ねこちゃんの膀胱炎

繰り返してしまう子は毎年のようになってしまう子もいますbibibi

そのため冬は、普段病院に行くことがないねこちゃんも病院に行かなければならないかもしれません・・・。

 

そもそもねこちゃんは、知らない環境や知らない人・動物が近づく事にストレスを感じやすい生き物です。

なので今回は、少しでもストレスなく来院していただくためのお話をしたいと思いますstar

 

まずは病院に来る前のお話です!

皆さんはどの様なキャリーを使われていますか?

様々な形や素材のキャリーがありますが、病院に来て診察を受けるという点でおすすめしたいのは、

扉が外れて、上半分と下半分に分かれる、プラスチック製のキャリーですlight bulb

診察室でどうしてもキャリーから出てくれない子は、上半分を外した状態で診察する事ができます。

キャリーから無理矢理引っ張り出されるよりもストレスが少ないです!

また、キャリーを来院の時のみに使っているとキャリー=病院(嫌なこと)のイメージになってしまうので、

普段からキャリーを部屋に置き、ねこちゃんが自由に入れるようにしたり、キャリーの中でおやつをあげたり、

毛布を敷いてベッドのように使うことで、キャリーに慣れて入ることに対するストレスも軽減できますni

 

キャリーに入ることができたら、いよいよ来院ですcar

外に出るときは、キャリーにブランケットやバスタオルをかけてあげましょうlight bulb

こうすることで、ニオイや音を少しは遮断でき視界も遮られるので、ねこちゃんにとって落ち着きやすい環境になります!

診察の順番を待つときも、ブランケットやバスタオルはかけたままにしておきましょう。

車で待って頂くこともできますので、その際はスタッフにお声掛けくださいnote

 

中には人にも外にも慣れているねこちゃんもいらっしゃいますが、

その場合でも待合室ではキャリーの中でお待ち頂くようお願いします。

ねこちゃんは少しの隙間でもすり抜けることができ、

いつ何が原因でびっくりして逃げてしまうかも分かりません汗

思わぬ事故やケガに繋がりますので、ご協力お願いいたします。

 

いかがでしょうか?

ねこちゃんの来院の際に少しでも参考になればうれしいです笑う

 

10月~12月は、わんちゃん・ねこちゃんのペットドックのキャンペーン期間となっていますが、

ねこちゃんの血液検査も特別料金で行っております!

血液検査だけでもやってみようかな・・・という方、12月までとなっておりますので

ぜひこの機会にご検討くださいglitter

 

投稿者: 室見動物病院

2019.11.29更新

こんにちは、動物看護師の益田ですflower2

ずいぶん寒くなって布団の中が気持ち良い季節になりましたねsnow

 

 

さて、今日は高齢のわんちゃんの寝床について紹介します。

みなさんのわんちゃんは床ずれなどできていませんか?

床ずれ(褥瘡)は身体の一部に体重がかかることでそこに血行不良が起こることで発症します。

体重の重たい大きなわんちゃんや、一日中寝てることが多い高齢のわんちゃんに多いです。

部位としては肘、肩腰によくみられます。

この床ずれ(褥瘡)を防ぐには、身体の体勢をまめにかえてあげることや寝床のベッドを工夫してあげると良いですよ

当院では、介護マットを利用していますpad

寝

介護マット以外では、滑り止めシート、ふかふかの毛布やバスタオルを何枚も重ねて利用しています。

自由に動けないことで粗相をしてしまう子もいるので、トイレシーツをはさむことでお肌が被れることを防ぐことが出来ます。

みなさんもわんちゃんの寝床を工夫してあげてみてくださいmagnifier

 

あっという間に12月になり2019年も残り1ヵ月になりました

風邪など体調に気を付けてすごしてくださいglitter

投稿者: 室見動物病院

2019.11.18更新

こんにちは、動物看護師の西田です。

11月も半分が過ぎて、昼間でも寒く感じる季節になりましたねun

 

さて、今回はわんちゃんねこちゃんの爪切りについてお話をしていきたいと思います。

お家のわんちゃんねこちゃん、歩くとチャカチャカと音がなったりフローリングなどつるつるした床で滑ったり足が地面に着くと爪が浮いていたりしていませんか?

そんな時は、爪が伸びているかもしれません。爪が伸びていると、歩きにくいのはもちろん、

爪が割れる、何かに引っかかる、肉球に刺さるなどして思わぬケガをしてしまうことがあります。また、歩くときに床で滑ってしまうのは関節に負担をかけてしまいます。

 

爪の切り方

~わんちゃんの場合~

爪の中に通る血管や神経を切らないよう、角度を変えながら少しずつ、角を取るようにして血管の手前まで切っていきます。

白い爪の子は中の血管がピンクに透けるので、ピンク色の手前まで切っていきます。

黒い爪の子は外からだとどこからが血管なのか分かりにくいので、爪の断面を見て、中心がうっすらと透き通ってくるところまで切っていきます。

もし出血してしまったら、止血パウダーで、断面をぎゅっと押さえて止血します。

 

~ねこちゃんの場合~

ねこちゃんは爪の血管が透けて見える子がほとんどです。

かぎ状に曲がった部分には血管は通っていないので、曲がっている部分の直前を切ります。

め

いかがでしょうか?

ちなみに爪の中の血管や神経は爪と一緒にどんどん伸びていきます!中の血管も長く伸びていると、爪を切っても長いままになってしまうこともあるので、定期的にチェックが必要です。

特に、前後肢の内側にある狼爪は見落としがちですが伸びやすいので、忘れないようにお願いします。(狼爪はない子もいます)

 1

お家では爪切りが難しいといった場合には、当院でも爪切りを行っております。また、バリカンでの足裏の毛刈りも行っておりますので、毛を踏んでしまって滑ってしまうという場合でも、お気軽にご相談ください。

 

足のケアなら、室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2019.11.05更新

こんにちは、看護師の藤林です。

食欲が止まらなくなる季節になりましたね。orange

朝も段々と寒くなりましたがお身体お気をつけください。

今回は世界で初めて5-ALA(5-アミノレブリン酸)というのもが1粒に5㎎配合されたサプリメント、エネアラを紹介していきます。

このサプリメントは、ワンちゃんネコちゃんが飲めることができ、体の中で不足しがちな5-ALAを補充することで、脂質代謝、体重管理のサポートをしてくれるサプリメントです。

初めに5-ALAとは何かというと、5-ALAは人や動物植物といった生物全ての細胞にいるきミトコンドリアの働きに必要な役割を果たしているのがこの5-ALAなのです。ミトコンドリアは、糖と脂質の代謝をし,代謝水と体に重要なエネルギー源ATP(アデノシン三リン酸)を作ります。ですからミトコンドリアが活性化することによって健康が維持されています。leaf 

エネアラを飲むことによって

脂質代謝の管理

体重管理

抗酸化作用 

運動量の向上

の効果があるそうです。ミトコンドリアは、年齢と共に量も減少し機能も衰えていきます。機能が衰えてしまうと代謝が上手に出来ない、活動量が低下する、老化が進むなどがあげられます。ミトコンドリアの機能が衰えないようにする5-ALAは、ワンちゃんネコちゃんにとって非常に大切な生命の根源物質だそうです。cup

総コレステロールが高い

中性脂肪が高い

胆泥が溜まっている

肥満・減量フードしか食べていないのに中々痩せない

肝臓・脾臓が大きくなっている

肝酵素が高い

 などの、脂質代謝の疑いがある子にお勧めをしています。腎臓が悪い、貧血がある子にも効果があるそうです!flower

エネアラは、1日1回の投薬で10キロ未満の子には1粒、10キロ以上の子には1~2粒与えるようになっています。

サプリについて何か気になることがありましたらお声掛けください。

ミトコンドリア

投稿者: 室見動物病院

2019.10.28更新

こんにちは、動物看護師の藤廣ですleaf

 

朝夕の寒暖差が激しいですが皆さんは体調崩されていませんか?

私は先週から鍋を解禁しましたgya

温かいものを食べてこの冬を乗り越えたいと思います!

 

今回はタイトルに書いてある通りに腸内環境を整えるフードについてご紹介します

 

ご自宅でわんちゃんやねこちゃんが常に軟便や下痢、便秘といった症状に悩まされてはいませんか?

アレルギーやストレスから来るものではなく何か思い当たる原因もなく慢性的に軟便や下痢が続いているようであれば何か病気が隠れているかもしれません汗

繊維反応性腸症という病気もこの症状が特徴的な病気です

 

そのような症状に対応したフードがこちらの腸内バイオーム 繊維/消化ケアです

 

腸内

こちらのフードは腸内に善玉菌を増やし、体内の細菌や微生物(マイクロバイオーム)のバランスを整える働きをしてくれます

繊維性の慢性的な軟便や下痢、便秘に効果があると言われており、規則的で健康的な排便をサポートしてくれます

犬では慢性大腸炎による軟便を24時間以内に改善し、再発を100%予防してくれるそうです

食事で腸内環境を整え、愛犬・愛猫たちの健康を管理しましょうglitter3

 

※こちらのフードは処方食です

 

今年も当院のカレンダーが完成しましたcrown

数に限りがございますのでご希望の方は早めにご来院くださいdog

カレンダー

 

投稿者: 室見動物病院

2019.10.21更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。u艸u。)

 

朝夕少し肌寒くなってきましたね(ノ_・。)

体調崩されないようにお気をつけくださいnyan

 

10月21日に当院で飼っているわんちゃんが18歳の誕生日を迎えましたgyaglitternote

りゅうちゃん3

 今年も無事誕生日を迎えられてよかたっですihi

来年19歳の誕生日報告もできるよう頑張りたいと思います*(pq+’v`●)

 

 

では、タイトルのお話になりますがみなさん食事療法中のおやつどうされていますか❔

食事療法をすることになり、おやつを急にあげれなくなって心苦しいという方いたのではないでしょうかuun

 

そんな方に食事療法中でも食べて大丈夫なおやつがあります(。・艸-。)今回ご紹介したいと思いますihi

ロイヤルカナンが出しているトリーツのご紹介ですnote2

 

わんちゃん用には、低分子プロテイントリーツ満腹感サポートトリーツ消化器サポート(低脂肪)トリーツユリナリーs/oトリーツがありますdog

ねこちゃん用には、ユリナリーs/oトリーツがありますtiger

 

トリーツ

 

トリーツ2

 

pad低分子プロテイントリーツ

食物アレルギーがあるわんちゃんでも食べられるように加水分解タンパクを使用しているトリーツ

低分子プロテイン、低分子プロテインライト等アレルギー食を食べられているわんちゃんが食べれます

 

pad満腹感サポートトリーツ

減量を必要とするわんちゃんのために低カロリーで作られているトリーツ

満腹感サポート、満腹感サポートスペシャル、満腹感サポートスペシャル+CLT等ダイエット食を食べられているわんちゃんが食べれます

 

pad消化器サポート(低脂肪)トリーツ

脂肪および食物繊維などの量を調節し、超高消化性の原材料を使用したトリーツ

消化器サポート(低脂肪)、消化器疾患をお持ちのわんちゃんが食べれます

 

padユリナリーs/oトリーツ

マグネシウムなどミネラル成分を調整したトリーツ

わんちゃんはユリナリーs/o、ユリナリーs/oライト、ユリナリーs/o小型犬用等下部尿路疾患用のフードを食べられている方が食べれます

ねこちゃんはユリナリーs/o、ユリナリーs/oライト、ユリナリーs/oオルファクトリー、ユリナリーs/oオルファクトリーライト、ユリナリーs/o+CLT等下部尿路疾患のフードを食べられている方が食べれます

 

食事療法食中のおやつの相談がありましたら、お声掛けください(p'v`q◆)

 

 

投稿者: 室見動物病院

2019.10.18更新

 

こんにちは、動物看護師の益田です。

秋が深まり朝晩がだいぶ涼しくなりましたねstar

日に日に寒暖差が大きくなっていますが皆さんは風邪などに気を付けてくださいねnote2

 

さて、みなさんのわんちゃんの目は白く濁っていると感じたことはありませんか?

それは白内障かもしれません。目の水晶体が白く濁ることで起こる病気です。

高齢のわんちゃんに多いと思われていますが、原因は外傷、遺伝、その他の病気の影響などさまざまです。

白内障は目が見えにくくなるので、夜間の散歩を嫌がる、ものにぶつかる、壁伝いに歩くといった様子が見られます。

わんちゃんは家の中などの配置を記憶して問題なく暮らせていることがあるので、飼い主さんでも視力が落ちていることに気づきにくいことが多いようです。magnifier

しかし目が見えないとぶつかったり、転落したり他のケガの要因にもなることがあるので気をつけなければなりませんexplosion

 

また、目が見えないことへの不安と恐怖で吠えたり咬みついたりしてしまうわんちゃんもいます。

気を付けるポイントとして家の中などの配置を変えない、ぶつかると危ないものを取り除く、声を掛けながら触れると良いですよpad

 

白内障はおくすりで治すことはできませんが、点眼薬で進行を抑制することが出来ますleaf

 

その点眼薬が「ライトクリーン」です。

ライトクリーン

早期発見、対処して眼の健康をしっかり保ちましょうflower2

投稿者: 室見動物病院

2019.10.08更新

こんにちは、動物看護師の西田です。

10月に入り昼間も涼しい日が増えて、過ごしやすい季節になりましたねflower2

 

ところで、ねこちゃんを飼われてる飼い主さんは、普段どのようにしてねこちゃんとスキンシップをとっていますか?

遊びやブラッシングなどのお手入れ、おやつ等々…スキンシップにもいろいろありますが、今回はねこちゃんを撫でるときの”触り方”についてのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

触られると喜ぶところ

個体差はありますが、ねこちゃんは自分で直接舐められないところ、猫同士で舐め合うところを触られると気持ちよく感じる子が多いです。

例えば、頬・顎の横から下・耳の付け根の後ろなどの顔周りは、匂いを出す分泌腺が多くあり、その部分を人や物にこすりつけ自分の匂いをつけることで安心するため、人に触られても気持ちよく感じるとされています。

 

触られると嫌がるところ

これも個体差がありますが、腰・尻尾・四肢の先・腹部など猫同士で舐め合わない、動物にとって急所となるようなところは触られると嫌がる子が多いです。背中は好き嫌いが分かれますが腰は苦手とする子が多いようです。

 

タイミング

ねこちゃんは近づいてくる人間を避け、動かない人間に近寄る習性があります。なので、飼い主さんはねこちゃんから近寄って来るのを待ってから触るのが良いでしょう。また、足や体を伸ばしてリラックスしている時も比較的触らせてくれます。

逆に、無理にねこちゃんを追いかけて触ったり、ぐっすり眠っている時に触ったりするのは控えましょう。

 

時間

ねこちゃんには触られることを許容できる時間に限りがあります。それを超えて触り続けると攻撃されてしまうこともあるので、

身体が強張ってきた・瞳孔が大きくなる・逃げようとする・尻尾をパタンパタンとするといったことが見られたら終わり時のサインです。

 

体勢と力加減

ねこちゃんを見つめたり、真正面からいきなり触ったりすることはねこちゃんを怖がらせてしまうので避けましょう。

目が合った時はゆっくりと瞬きをし、触るときは優しく声を掛けつつ、視界から外れた背中側からなるべく近い距離で軽く撫でるようにします。

 

いかがでしょうか?ねこちゃんが気持ちよくなるようなポイントを押さえて触れ合うことで、ねこちゃんからの信頼度もアップし、より良い関係を築くことが出来ます。

また、日頃からたくさん身体に触れることでねこちゃんの体調の変化にも気付きやすくなります。

もし、日々の触れ合いの中で何かお気づきの点がございましたら、当院までお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

2019.09.24更新

こんにちは、看護師の藤林です。

風も少し冷たくなり段々と過ごしやすい日が多くなってきましたね。pad

今回も当院で扱っているサプリメントの紹介をしてきたいと思います。

皆さんの飼われているネコちゃん、ワンちゃんの膀胱の中には、結晶ができることがあります。

その色々ある中の1つがストルバイト結晶です。今回ご紹介するサプリメントは、そのストルバイト結晶に効くクランベリーU液というサプリメントを紹介していきたいと思います。

名前の通りこのサプリメントは、クランベリーから出来ています。クランベリーには二つの作用があり、抗酸化作用殺菌・抗菌作用の二つです。

 

抗酸化作用:クランベリーの真っ赤な色の中に含まれる成分が膀胱粘膜や口腔粘膜、胃粘膜に細菌が付着するのを抑制しコレステロール値の上昇を防ぐ作用があるそうです。

殺菌・抗菌作用:クランベリーの実に含まれる成分が尿を酸性に保つ作用があり、ストルバイト結晶を出来にくくしてくれるそうです。また、感染 菌の増殖も防いでくれるそうです。

 

ストルバイト結晶はそのままにしておくと結石になってしまいます。

結石になってしまうと手術をしないと取ることが出来ないので要注意です。bibibi

クランベリーはワンちゃん、ネコちゃんとは、別に人にも効果があるそうで、効果は同様にあり、それと尿の匂いも軽減してくれるそうです。

これらをふまえクランベリーは、尿の健康維持をサポートしてくれるそうですmeal

 

また、尿をする際こんな症状はないですか?

・何回もトイレに行く

・尿の出が悪い                   

・尿の匂いが臭い

・尿に血が付いている

 これらの症状は尿に何か問題がある可能性があり、一つでも当てはまりましたら一度検査をしたほうが良いと思います。

尿のことで何かご相談ありましたらお声掛けください。leaf

投稿者: 室見動物病院

2019.09.12更新


 

 こんにちは、動物看護師の藤廣ですpad

9月に入り、少し肌寒い日もありますが体調など崩されていませんか?

 

 今回は少し前に出た新製品のフードについてご紹介していきますleaf

 

 

ねこちゃんによく発症する病気は何かご存知ですか?

 

水をよく飲む、おしっこの回数や量が増える、痩せてきたなどの症状があります

これらの症状は加齢による変化と混同されやすいですが腎臓病の代表的な症状です汗

 

 

腎臓病はねこちゃんの3頭に1頭が発症するといわれるくらい多い病気で、一度失われてしまった腎臓の機能は回復することはありません

特に7歳以上になってくると発症のリスクがかなり高いと言われています

 

 

早期に発見することで進行を遅らせることができるので定期的な尿検査や血液検査をしておくことがとても重要ですni

検査を行うと同時に食事を見直すことも必要になってきます

 

そこで早期の腎臓病に対応したこちらのk/d早期アシストについてご紹介しますlight bulb

 

k/d

 

 

腎臓の機能を保護するため、タンパク質やリン、ナトリウムが抑えられたフードとなっています

残っている腎臓の組織をできるだけ守れるように食事管理も徹底して行うことが大事です

 

また、腎臓病の症状が出てからのフード切り替えだと食欲が低下しているので切り替えがなかなかうまくいかない場合もありますun

 

 

定期的な健康チェック・食事管理を行ってねこちゃんの健康を守りましょうflower2

 

 

 

当院では10月~12月にペットドックのキャンペーンを行っていますstar

 

 

 

キャンペーン料金でいつもより少しお安くなっております

ペットドックの検査の中に先程挙げた血液検査や尿検査なども含まれているので検査を検討されている方におすすめです

 

ペットドックについてはこちらmagnifier

 

※ペットドックは予約制です

 わんちゃんもねこちゃんも予約できますので来院時かお電話にて看護師に申し付けください

 

投稿者: 室見動物病院

前へ

SEARCH

PageTop