Blog

2018.06.14更新

こんにちは、看護師の矢野です(*'U`*)

6月も半ばに入り、これから雨の日が増えたり台風がきたりと、嫌な季節が今年もやってきますねun

 

4,5月当院では、わんちゃんの血液検査を春の特別料金で行っていました。

そこで健康チェックをされたわんちゃんのなかには、異常値が出てしまったのでお食事を変更してみましょうと、

先生からお話があった飼い主様もいるかと思います。

なので今回は、わんちゃん・ねこちゃんのフードの切り替え方についてご紹介したいと思います!

 

一般的によく知られている方法として、今までのフードに新しいフードを少しずつ混ぜて

だんだん新しいフードの割合を増やしていく方法があります。

 

今回ご紹介するのは、二皿並行給与法というやり方ですglitter

1、いつものお皿とは別に新しいお皿を用意します

いつものお皿に新しいフード、新しいお皿に今までのフードを入れて与えます。

light bulb新しいフードは最初は少量で大丈夫です!

 

2、新しいフードの存在に慣れてもらいましょう

もったいないですが、食べなくてもフードは毎日取り替えてあげましょう。

 

3、興味を持ち出すので、新しいフードを食べてくれるまで毎日続けます。

新しいフードを食べてくれたら、今までのフードは少しづつ減らしていきます。

 

わんちゃん・ねこちゃんの性格に合わせて、こちらのやり方もぜひ試してみてくださいni

 

体調やその時の環境によってなかなか新しいフードを食べてくれないこともあります。

完全に切り替えるまで、1カ月くらいを目安にして少しずつ慣らしてあげましょうpad

 

療法食のことなら早良区の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2018.06.11更新

里親2018.6

投稿者: 室見動物病院

2018.05.31更新

 

こんにちは、冨永です

先日、友人と海の中道へ行ってきましたcamera

 

チューリップ

チューリップが満開で最高にきれいでした~flower2

 

さて、今日は皆さんに院内で気を付けていただきたいことについて

書いてみましたpencil1

 

padワンちゃん・ネコちゃん同士のご挨拶は、まず飼い主さんにお声掛けをおねがいします

他のワンちゃんが大好きなコ、人が大好きなコ、

はたまたワンちゃんが苦手なコなど、みんな性格はさまざまです。

まずは、そのコの性格をよく知っている飼い主さんに確認していただけると

みんなが仲良くできますnyanglitter

 

padリードを離さないでください(動物をひとりきりにしないでください)

ソファの上でのひとりぼっちは、ソファからの落下事故につながりますganexplosion

また、院内でリードを離してしまうとほかのワンちゃんやネコちゃんとケンカになってしまったり

ドアが開いた拍子に逃げ出してしまう可能性もありますabon

この時期はワンちゃんの予防シーズンでもあるため、患者さんがとても多いです。

ワンちゃん同士でのケンカ等がおきないように目を離さないようにしてくださいlight bulb

 

pad貴重品は常に身につけてください

院内で盗難等がおきることはないと思っていますが

この時期は患者さんの数がとても多いため、何が起きてしまうかわかりませんuun

ご自分のお荷物はしっかりと管理をお願いしますapronnote2

 

ワンちゃんの予防のシーズンがはじまっており、待ち時間や待合室でのスペース等で

皆様にご迷惑をおかけしてしまうと思いますが、ご協力をお願いいたしますnicostar

投稿者: 室見動物病院

2018.05.04更新

今年の4月から入社しました、動物看護師の藤廣桃子です。

出身は山口県で、実家ではトイプードルと雑種を飼っていますdogpad

皆さんに早く顔と名前を覚えてもらえるよう頑張ります!

至らない点も多いと思いますが精一杯頑張りますのでよろしくお願いしますniflower2

 

4月から入社しました、動物看護師の藤林紋花です。

私は今一人暮らしをしています。alarm clock

炊事、洗濯など大変ですが健康管理を大切に頑張っていきたいと思います。

ご迷惑おかけするかもしれませんが精一杯頑張りますのでよろしくおねがいします。boar

 

2018

今年は10名のスタッフで皆様のわんちゃんねこちゃんのサポートをさせていただきます

宜しくお願い致します

 

投稿者: 室見動物病院

2018.04.03更新

 

こんにちは、動物看護師の徳丸です(*'U`*)

 

だんだん暖かくなり、桜が咲き春を感じますねflower2

 

4月2日より平成30年度の狂犬病予防接種が始まりましたglitter

 

当院でも接種をすることができますnico

接種をご希望される場合は、体調がよろしい時にお願いいたします。

 

ところで、狂犬病ってどういう病気でなぜするのかご存じでしょうか?

もう、知っているよという方もたくさんいらっしゃると思いますが、復習がてらにでもお話に付き合って頂けると嬉しいですnyan

 

狂犬病は、すべての哺乳類に感染する、「人獣共通感染症」の一つです。

なので犬や人はもちろん、猫やコウモリなどにも感染しますΣ(Д゚;/)/

また、もし感染してしまったら「致死率100%」という非常に怖い病気です!!

 

狂犬病が蔓延しないよう日本では「狂犬病予防法」という法律で、狂犬病予防接種を義務づけています。

pad居住している市区町村に飼っているわんちゃんの登録

 right arrow生後91日齢以上のわんちゃんは登録

pad年1回の狂犬病注射

 right arrow追加接種は4~6月が推奨されている。登録している市区町村からハガキが届きます

pad鑑札と注射済票の装着

 right arrow首輪に装着しましょう。迷子になった時の手がかりにもなります

 

日本国内では数十年発生していませんが、発生がある国もあるのでわんちゃん自身のためにも、自分自身のためにも楽しく暮らすために接種をしましょうni

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

2018.03.02更新

段々と寒さも和らぎ春が近づいてきている感じですねflower

 

さて、当院ではスタッフのスキルアップのために定期的に院内セミナーを行っていますが、

昨年から約1年間かけて、日本ヒルズ・コルゲート様のご協力のもと

犬猫の栄養学に関するセミナーを行ってまいりました。

そして本日、無事に最終試験を終え修了証をいただきましたので

ここにご報告いたします

ヒルズ1

ヒルズ2

一番大切な毎日の食生活。当院のスタッフがアドバイスいたしますbookpencil1

 

ヒルズ療法食のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2018.02.07更新

里親1

里親2

投稿者: 室見動物病院

2018.02.05更新

雪がちらつきまだまだ寒い日が続いておりますが

みなさまお元気でしょうか?

 

先週、当院のカルテ管理システム、会計ソフトの入れ替えがありましたcalculator

導入初期という事で、以前よりもお会計待ち時間が長くかかっております

みなさまにご迷惑をお掛けし申し訳ありません

 

スタッフが慣れるまでの間ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解のほどよろしくお願い致します

 

 

投稿者: 室見動物病院

2018.01.08更新

あけましておめでとうございます!

看護師の迫田です。

今年も室見動物病院をよろしくお願いいたします。

 

 

みなさん、年末年始はゆっくり過ごされましたか?

私は実家で家族とのんびり過ごすことができましたsun

 

 

 

年末の話にはなりますが、フードメーカーさんに院内セミナーをしていただきました。

ねこちゃんの下部尿路疾患についてです。

 

 

寒い時期ねこちゃんたちは運動量が減りじーっとしていて水を飲む量が減ります。

そうすると増えてくるのがおしっこの病気です!!!!

原因はいくつかあります

 

 

尿道栓子…ミネラルや結晶が含まれた塊が尿道に詰まってしまい尿が出なくなってしまいます

尿結石…膀胱内に結石ができ、炎症や痛みを引き起こします

特発性膀胱炎…ストレスによって膀胱に痛みを伴う炎症を引き起こします

 

 

この中でもっとも多いのが特発性膀胱炎です。

人の出入りが頻繁にあったり、家の周りで工事をしていたり

他のわんちゃん、ねこちゃんがストレスだったり

そのねこちゃんによってストレスはさまざまです。

 

 

そんな特発性膀胱炎に効果のあるお食事があります。

c/dマルチケアコンフォート

というお食事です!

このお食事の中に特発性膀胱炎に対応する成分がいくつか入っています。

 

 

加水分解ミルクプロテイン…脳内の不安シグナルを抑制

トリプトファン…不足すると精神が不安定になるセロトニンの濃度の維持

オメガ3脂肪酸…抗炎症作用があるので膀胱内の炎症を軽減

 

 

このお食事を食べることで再発を軽減することもできます。

つらい膀胱炎はさらにねこちゃんのストレスを引き起こし

それに対する病院への通院や投薬もさらにストレスを与えてしまいます。

こういった悪循環を防ぐためにこのお食事をおすすめします。

 

 

お正月も終わり、本格的に新年がスタートいたしました!!!!

今年もたくさんのわんちゃん・ねこちゃんが快適な生活ができるよう

精一杯サポートしていきたいと思います。

どうぞ本年もよろしくお願いいたしますihiglitter

 

 門松

 

投稿者: 室見動物病院

2017.12.29更新

年末年始

投稿者: 室見動物病院

前へ
PageTop