Blog

2020.08.03更新

皆さんこんにちは、動物看護師の西田ですni

暑い日が続いていますが皆様体調はいかがでしょうか。

 

 

今回は、わんちゃんのブラッシングについてお話したいと思います。

ブラッシングには、

padノミ・マダニなどの外部寄生虫を取り除く

pad皮膚や被毛についた汚れ・抜け毛・フケを取り除き皮膚を清潔に保つ

pad皮膚に刺激を与えることで皮膚の血行を促進する

といった効果が得られますglitter頻度とかける時間は1日1回~週2・3回、10分程度が目安です。

 

leaf使う道具の種類leaf

・コーム…毛の流れを整えて、毛に引っかかることで毛玉やもつれを発見することが出来ます。

・ピンブラシ…ピンの先端に玉が付いているものが皮膚を傷めにくくお勧めです。

・ラバーブラシ…ゴム製のブラシで、抜け毛除去の効果がとても高いです。力強くかけてしまうと皮膚を傷めたり、抜け毛以外の生えている毛が切れてしまいます。

・スリッカーブラシ…毛のもつれや毛玉をときほぐすのに使用します。皮膚に当たると傷つけてしまうことがあるため直接皮膚に触れないように注意が必要です。

 ブラシ

これらの道具をわんちゃんの毛の生え方に合わせて使い分けます。

わんちゃんがリラックスしているタイミングで、毛の流れに沿ってまずは背中から腰にかけて撫でながらブラシをかけていきます。

足先など身体の先端にあたる部分は敏感なため、後からブラシをかけていきます。

基本的な道具の使い分けですが、

 

長毛種(キャバリア、ロングコートのチワワ・ミニチュアダックスなど)

ピンブラシで汚れを取り除く→毛玉やもつれは毛先から少しずつスリッカーブラシか手でほぐす→コームで毛の流れを整える

短毛種(ミニチュアピンシャー、フレンチブルドッグ、柴など)

ラバーブラシで汚れと抜け毛を取り除く(柴のように毛量の多い犬種はピンブラシがお勧めです)

毛が絡まりやすい犬種(プードル、ポメラニアン、シーズーなど)

スリッカーブラシを鉛筆持ちで構えて毛先から根元に向かって少しずつかける→コームで毛の流れを整える

 

このように使い分けます。

ブラシで手の甲を撫でてみて、痛みを感じないくらいがちょうどよい力加減です。

 

ちなみに、毛玉やもつれは耳の後ろ・脇・股・尻尾の付け根といったよく動かす部分にできやすいです。

もし、毛が絡まりすぎてフェルト状の毛玉になっている場合は、ブラッシングのみで取り除くことは難しいので、怪我に気を付けてハサミやバリカンで切り取るか、

トリミングサロンで取り除いてもらいましょう。

当院でも毛玉取りを行っております。

 

毛の生え変わる春や秋、抜け毛が増える夏場はお家のお掃除も大変になることかと思います汗あらかじめブラッシングで抜け毛を取り除くことで、日々のお掃除の負担を軽減することもできます。

また、湿度や気温が高い夏場は皮膚のトラブルが多くなります!定期的なお手入れは異常の早期発見につながるので、ブラッシングでわんちゃんとスキンシップをとりつつ、皮膚の健康も保ちましょうflower2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

2020.08.03更新

ねこ里親

投稿者: 室見動物病院

2020.07.30更新

突然のご連絡で申し訳ありません

7月31日(金)〜8月1日(土)

臨時休診とさせていただきます

ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします

投稿者: 室見動物病院

2020.07.30更新

本日副院長不在となります。

診察は院長・晴奈獣医師が担当いたします。

混雑時は長くお待ち頂くことが予想されます。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 室見動物病院

2020.07.28更新

間も無く長かった梅雨も明けそうな気配ですが

この後の猛暑時は熱中症にくれぐれもご注意ください

 

さて、下記日程でお盆休みをいただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

8月13日(木)〜8月16日(日)

投稿者: 室見動物病院

2020.06.02更新

日に日に暑さも増してきました

新型コロナの他に熱中症にも十分注意してください

 

緊急事態宣言解除後は通常診療と昼の予約診療を実施してまいりましたが、

6月からは通常診療に戻しております

お電話での予約は必要ありませんので、そのままご来院ください。

 

これからも3密を避けるため、

・ペットとの同伴はできる限り1名様でお願いします。

・マスク着用での来院をお願いします。

・診察まで自家用車での待機をお願いします。

・待合室の窓は解放させていただいております。

・診察室ドアを解放しての診察を行います。

・スタッフが定期的に院内の消毒作業をさせていただきます。

ご協力よろしくお願いいたします

投稿者: 室見動物病院

2020.05.14更新

みなさま体調はお変わりありませんか?

今回、福岡では緊急事態宣言が解除されました。

長かったですね。。。でも、まだまだ気が抜けません。

海外や他の地域では第2波が襲来しています。

 

当院はこれまで電話後の予約診療を実施してまいりましたが、

今回の外出自粛解除に伴い、午前中午後診察時間は通常通り予約無し診療に戻します。

すでに予約をお取りしている方もいらっしゃいますので、5月中は来院順と診察順が前後する可能性がありますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

ただ、まだまだ不安な時期でもありますので、

昼の手術時間を予約外来診療とさせていただきます。

昼に外来で受診をご希望の方は、電話にて予約をお願いします。

当日の手術内容により予約がお受けできない日もあることをご了承ください。

また、今後は予防手術(避妊手術、去勢手術、歯石除去など)も予約を受け付けます。

自粛期間中に見送っていた方はご相談ください。

 

これからも3密を避けるため、

・ペットとの同伴はできる限り1名様でお願いします。

・マスク着用での来院をお願いします。

・診察まで自家用車での待機をお願いします。

・待合室の窓は解放させていただいております。

・診察室ドアを解放しての診察を行います。

・スタッフが定期的に院内の消毒作業をさせていただきます。

ご協力よろしくお願いいたします

投稿者: 室見動物病院

2020.05.07更新

福岡ではかなり感染者が増えてきておりますね。。。

私達も気を抜かず、できる限りステイホームで自粛を継続しております。

現在、当院では予約無しの通常診療を行っておりますが、

今後の動向により再度予約診療に切り替えることも検討しておりますので、

随時こちらのブログをご確認ください。

 

さて、新聞やテレビでも報道されましたように、

国内の新型コロナ感染者様が飼育しているペットの犬から、

PCR検査で新型コロナが陽性という報告がされました。

複数回のPCRを異なる施設で実施しての結果ということですので、

犬から新型コロナが分離されたことは間違いない事実のようです。

 

しかし、きちんと整理しておくと、

・陽性になったペットの飼い主様が新型コロナに感染しているということ

・ペットからペットへの感染の報告はまだないということ

・ペットから人への報告は海外も含めてないということ

 

以上のことから考えると、ペットを守るためには

飼い主様ご家族がしっかりと新型コロナに対応していかなくてはならないということです。

感染が増えている今、再度ご家庭の新型コロナ対策を徹底していただければと思います

 

 

投稿者: 室見動物病院

2020.04.28更新

緊急事態宣言発令による外出自粛により福岡でも少しずつ新規感染者の数が減ってきておりますが、

まだまだ3密を防がなければ、第2波、第3波が訪れてきそうな気配です。。。

 

当院では外出自粛後に3密対策として、予約診療を実施してまいりました。

この連休中に政府は解除するか延長するか判断を示すと思われますが、

当院では院内の混雑緩和を持続するために、連休明けの

5月7日(木)以降も予約診療を継続いたします。

 

なお、現段階では5月末まで予約診療を継続する予定です。

この間、緊急手術以外の手術は取りやめております。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

投稿者: 室見動物病院

2020.04.23更新

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、

急患患者の予約診療を行ってまいりましたが、

間も無くゴールデンウィーク(GW)が近づいてきました。

今年は下記日程で休診とさせていただきます。

常備薬やフード、サプリメントなど早めのご準備をお願いいたします

 

4月29日(水)〜5月6日(水)

 

なお、緊急事態宣言が延長され、外出自粛要請が延長された場合、

5月7日(木)以降も電話予約による予約診療を延長させていただきます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

投稿者: 室見動物病院

前へ

SEARCH

PageTop