Blog

2015.04.30更新

こんにちは(・∀・)

季節も暖かくなってきましたflower2お散歩に行く回数も増え、外出する機会が増え始めたと思います。

フィラリアの予防薬ノミ・ダニ予防の準備はおすみでしょうか(・∀・)

 

今回は不妊手術についてお話いたします。

ワンちゃん、ネコちゃんの不妊手術は男の子は去勢手術、女の子は不妊手術に別れます。

生後約半年過ぎて手術を行います。手術を行うことに抵抗がある方もいらっしゃると思います。ですが、不妊手術をすることで、発情期の問題行動や、いくつかの病気の予防もできます。

spade男の子spadeの場合は、問題行動では、攻撃性、マーキングを軽減したり、ネコちゃんはスプレー行動が軽減され、病気の予防については精巣の腫瘍化前立腺肥大肛門周囲腺腫などの病気を軽減します。

dire女の子direの場合は、発情によるストレスを軽減し、マーキングなどの問題行動も軽減します。病気の予防については子宮蓄膿症卵巣腫瘍、初回発情前の不妊手術は乳腺腫瘍のリスクをほぼ100%予防できます。

小さい頃に手術を行わず高齢期になり手術をうけるとなると麻酔のリスクも高くなるので、若い時期に手術を行うことをオススメします。

去勢手術、避妊手術をすることで、予防できる病気は沢山あるのでこれを期に不妊手術について改めて考えられてはいかがでしょうか(^^)

 

不妊手術、去勢手術、避妊手術のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2015.04.07更新

こんにちは

肌寒い日もありますが、桜も散り始め、新緑の季節へと向かっていきますねleaf

 

今回は白内障のお話

1月に比較眼科学会に参加して勉強してきましたのでご報告pencil2

比較眼科学会2015

まず白内障ってどういう病気?というところから

白内障とは水晶体が混濁した状態のことを言います

では、なんで混濁するのかというと、

水や電解質バランスの崩れ、水不溶性タンパク質の増加、抗酸化物質の減少による酸化障害などが挙げられます

 

 良く、例え話で用いられるのが目玉焼きのお話

フライパンにのせてすぐの卵の白身は透明ですが、

熱を加えてしまうと白く固まってしまいます

そして一度白く固まってしまったら、もう透明の生卵には戻りません

白内障も一旦白く濁ってしまうと、手術をしない限りもとの透明には戻らないのです uun

 

発生は大きく分けて2つ

①5歳以下の純血犬にみられる遺伝的なもの

②加齢・外傷・全身性疾患・薬物などによる2次的なもの

に大きく分けられます

 

白内障はそのまま放置しておくと、のちのち

①緑内障②ぶどう膜炎③網膜剥離④痛み・・・など様々な合併症を引き起こしますbibibi

 

白内障の治療では有効な内科治療がありません

ですから外科手術になります

できるだけ早い段階で手術を行うと動物の負担も少なく成功率も上がります

 

でも、手術をしないでなんとかなりませんか?という方にlight bulb

治療薬ではありませんが、進行を遅らせる点眼がありますtears

1日3〜5回、1回1〜2滴点眼することで進行を遅らせることができますglitter

 

うちのわんちゃん最近眼が白くなったかも?

という方は早めに受診させてあげましょう!

<副>

 

白内障のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

PageTop