Blog

2015.06.24更新

こんにちは、梅雨の曇天が続いていますが、みなさん体調は大丈夫でしょうか?cloud

 

先日のことですが、北九州で行われた、

第22回九州地区日本小動物獣医学会に参加ならびに口頭発表してきましたmegaphone

九州地区2015

その中で、「バイオマーカー」についての話がでました

バイオマーカーって何?と思われますよね。。。?

簡単に言うと、病態の進行具合や治療効果を客観的に評価できるものなんです

動物病院では、わんちゃんねこちゃんの心不全のマーカーが存在します

「proBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)」や

「ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)」が存在します

例えば、咳をしていた時に呼吸器疾患なのか?心疾患なのか?の鑑別ができたり、

数値が上昇していくと心不全のリスクが上昇したり、

現在心不全の内服を飲んでいるけれど、どのタイミングで薬の増量をすればよいかの指標になったり、

などなど。。。

 

当院では心不全のわんちゃんねこちゃんは、半年ごとに

レントゲン・心電図・エコーで定期検査を実施してきましたが、

今後はバイオマーカーも導入し、より良いタイミングで治療ができるように

検討していきたいと思っています。

 

今までに心音に雑音がありますねぇ。。。と言われたことがある飼い主様

ぜひ一度測定してあげてくださいね!

 

僧帽弁閉鎖不全症・心不全なら福岡市の室見動物病院まで

 

 

投稿者: 室見動物病院

2015.06.22更新

こんにちは、動物看護師の冨永です。
前回は“ワンちゃんのサイン”についてお話させていただいたので
今回は“ネコちゃんのサイン”についていくつか紹介させていただきます。

 

今回は病院のネコちゃん、ピータン(8才)に協力してもらいました。

ぴーちゃん3

 


☆固まる・震える

ぴーちゃん

ワンちゃんと同じように緊張したとき、不安を感じたときに固まり、

怖い・寒い・痛いときに震えますen


☆しっぽをバタバタと大きく振る

ぴーちゃん2
イライラしていたり、怒っているときのサインですpunpun
また、しっぽをピンッと立て先のほうだけをゆっくりと動かしているときは

嬉しいときや甘えているときなど友好的なサインですni


☆瞳孔が大きくなる

ぴーちゃん
光の関係以外にも、怒りや恐怖、興奮状態にあるときに瞳孔が大きくなりますbibibi
しかし、興奮状態でないときにもずっと瞳孔が大きいままだと要注意です。

そのようなときは病院で診察を受けてください。


☆耳が横に倒れている

緊張しているときや周囲を警戒しているときにこのような状態になります。

耳

(良い写真が撮れなかったので、絵を描きました。。。

絵が下手なのをお許しくださいehe

 

今回紹介した以外にも、まだまだたくさんのサインがあります。

ネコちゃんは群れではなく単独行動のため、ワンちゃんに比べるとサインが控えめです。
飼い主の皆様、しっかりと見てサインに気づいてあげてください!

 

ねこちゃんの行動のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2015.06.13更新

臨時休診のお知らせです

6月20日(土)

院長・副院長ともに麻酔外科学会出席のため

臨時休診とさせていただきます


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします

投稿者: 室見動物病院

2015.06.02更新

こんにちは

今日は昨日までとは打って変わって雨ですねrain

もうすぐ福岡も梅雨入りでしょうか?

 

さて、まもなく「プロミペット健診」がはじまりますmegaphone

プロミペット健診って何?と思われますよね?

今まで当院で毎年、春の血液検査やペットドックをされてこられた方には関係が無い話なのですが、

 

・今までに病院にかかったことがないけど、うちのこの健康状態が気になる

・病院へは何度かかかったけど、血液検査をしたことがない

などなど・・・

 

理由は様々ですが、健康チェックや、血液検査を受けたことが無いわんちゃんねこちゃんが対象となります

 

健診内容は全身チェックと血液生化学検査16項目となります

血液検査は外部の検査機関を利用するタイプなので、結果報告は後日となります

検査結果によっては追加検査を提案することがあるかもしれません。。。

でも、病気を早期発見・早期治療してあげることで助かるこが多いのは事実です

 

うちのこ元気も食欲もあるし健康だと思うけれど、という方にはオススメですglitter

この機会にまず血液検査からしてみてはいかがでしょうかpad

<副>

 

プロミペット健診は福岡市の室見動物病院まで

 

 

投稿者: 室見動物病院

2015.06.01更新

こんにちは

緑も綺麗でleaf風も気持ち良くcloud過ごしやすい季節になってきましたねnico

 

診療中や電話でのお問い合わせの多い外科疾患について、

何か飼主様やわんちゃんねこちゃんの役に立つ方法はないかと考え、

この度、外科専門ホームページ「手術専門ガイド」を開設いたしました!

外科ページ

 

飼主様が心配されている病気の事、麻酔の事、手術に至る流れや、術前・術後のケアの事などなど

皆様に何か一つでも役に立つ情報があれば幸いです

 

これからも当院スタッフ一同、皆様のわんちゃんねこちゃんの快適な暮らしのために日々邁進してまいります

今後ともよろしくお願いいたします

 

室見動物病院 副院長

 

 わんちゃん・ねこちゃんの外科疾患のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2015.06.01更新

里親2015.6.1

投稿者: 室見動物病院

PageTop