Blog

2016.01.07更新

あけましておめでとうございます。

本年も、室見動物病院をよろしくお願いいたしますmonkeyheart3

 

私、冨永はこのお正月美味しいものを食べ過ぎてしまい、顔がさらに丸くなってしまいました。。。gan

今年のプライベートの目標は、痩せることです。

皆様、そっと見守ってください(笑)

 

今日はワクチンについてお話させてくださいglitter3

昨年末に製薬会社の方に院内セミナーをしていただき

ワクチンのことについて学んだので

今日は少しでも皆さんにお伝えできたらなぁと思いますnico

内容がかなり盛りだくさんなので、今日はまず、ワンちゃんについてです!

 

まず最初に。。。

なぜワンちゃんやネコちゃんがワクチン接種をするのでしょうか?

それは、私たちと同じように

”病気を予防し、大流行させないため!”です。

私たちと同じように、ワクチン接種をしたからといって

全く病気にかからないわけではありませんen

しかし、感染したとしても重篤になる可能性を低くすることが出来ますni!!

 

では、どんな病気があるのでしょうか???

今回はワンちゃんの病気について簡単に説明させていただきます。

 

☆犬ジステンパー

感染犬との接触、鼻水・唾液などの分泌物、便や尿などの排泄物との接触で感染します。

症状として、高熱・目ヤニ・鼻水・くしゃみが出て、元気・食欲がなくなり嘔吐・下痢をします。

震えやケイレンなど神経症状を起こす場合もあります。死亡率の高い感染症です。

国内でも数年に一度の周期で感染の多い年があります。

 

☆犬パルボウイルス

感染犬の糞便や汚染された環境で感染します。

症状として激しい嘔吐・下痢を起こし食欲がなくなります。

重篤になると脱水がすすみ短い期間で死亡することもあります。

かなり強力な感染力があり、

浴槽いっぱいのお湯に感染した犬の便をスプーン1杯入れ

かき混ぜて1ccを他の犬に飲ませると何千頭も感染してしまうほどです。

 

☆犬伝染性肝炎

感染犬との接触、鼻水・唾液などの分泌物、便や尿などの排泄物との接触で感染します。

症状として高熱・嘔吐・下痢をし、元気・食欲がなくなります。

時には眼が白くなることもあります。

症状の程度は様々ですが、全く症状がでないまま突然死することもあります。

感染した犬は尿中に6~9ヶ月の間ウイルスを排出し、重要な感染源となります。

 

☆犬アデノウイルス2型

感染犬との接触、鼻水・唾液などの分泌物、便や尿などの排泄物との接触で感染します。

症状として、発熱・くしゃみ・鼻水・乾いた咳が出て、食欲がなくなります。

他のウイルスや細菌との混合などにより症状が重くなります。

 

☆犬パラインフルエンザ

感染犬との接触、空気中に飛んでいるウイルスによって感染します。

症状として、鼻水・咳・発熱・扁桃腺の腫れなどが見られます。

他のウイルスや細菌との混合などにより症状が重くなります。

伝染力の非常に強い病気です。

 

☆犬コロナウイルス

感染犬の糞便や汚染された環境で感染します。

症状として嘔吐・下痢・脱水を起こします。

成犬の場合軽度の胃腸炎ですむことが多いのですが

子犬の場合は嘔吐と水様性の下痢を起こし症状が重くなることがあります。

 

☆犬レプトスピラ (人獣共通感染症)

感染犬やネズミの尿によって水源や食物が汚染されることで感染します。

このレプトスピラにはいくつかウイルスの型があり、その型によって症状が異なります。

症状は発熱・嘔吐・黄疸・歯肉による出血などです。

この犬レプトスピラ症は人にも感染してしまうため、ワンちゃんが感染した場合

 

家畜保健所に届け出なくてはいけません。

現在も日本での発生があり、年間で約20名ほどの人が亡くなっています。

 

説明されると、怖い病気ばかりですよね。

初めてワクチンを接種する仔犬は年に2〜3回接種しなければいけませんが

翌年からは1年に1回でこれらの病気を予防することが出来ます!!

1年に1回のワクチン、かなり重要です。

あれ?うちの子最近ワクチン接種してないわ〜un

と心当たりがある方は、ぜひ早めにワクチン接種をお願いします。

 

light bulbワクチン接種をすると微熱が出ることがあるため1週間はシャンプーができません。

体調が悪いときも副作用が出やすくなるため、ワクチン接種は体調の良いときにお願いいたします!! 

 

次回は、なぜ初めてワクチン接種をする仔犬は2、3回しなければならないのか?

それに加えてネコちゃんのワクチンについてお話します~笑う

 

わんちゃんねこちゃんのワクチンのことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop