Blog

2016.01.19更新

こんにちは看護師の高鍋です。

 毎日毎日寒すぎて私は暖房機器から離れられません( ;∀;)

皆様風邪など引かれないよう気をつけてお過ごしくださいsnow

 

今日は、寄生虫についてお話いたします。

皆様からよく、ネコのベットに白いものが落ちている、便やお尻に白いものが付いている、と問い合わせを受けたり、病院に便や白いものを持ってこられる方がいらっしゃいます。

その正体はなんだかご存知ですか?

その正体はこちら!!!!!

うりざね

これは瓜実条虫(サナダムシ)という虫です.

(実物の条虫を撮影することが出来ませんでしたので絵にて表してます。)

 

なぜこんなのがお尻についていたり便についているかというと...

条虫の卵をお腹に宿したノミが身体に寄生

           down arrow

そのノミを毛づくろいした際に食べてしまう

           down arrow

身体の中で卵が段々と成虫へ発育

           down arrow

その後2週間から3週間以降片節を便と一緒に出すからです。

瓜実(片節)

【瓜実条虫の片節】感染していると、この片節が肛門や便についています。

瓜実(乾燥後)

【片節が乾燥したもの】乾燥したものがネコちゃんなどが寝ている床に落ちていたりします。

 

そして瓜実条虫が便やお尻にいるということは、ノミに感染してしまっている可能性が高いということになります汗

この瓜実条虫の片節の中には卵があり1つの片節に数個から数十個卵が詰まっているそうなので、瓜実条虫を駆虫し、ノミ予防をしない限り、これを繰り返してしまうことになります。

ノミが繁殖するには気温が13℃以上あれば十分なので寒い冬の時期でも暖房のきいた室内では寄生と繁殖するには好都合なのですexplosionなので、冬だから予防しないでいいかな、と思わずに定期的な予防を行いましょうnote2

 

ノミ・外部寄生虫、条虫・消化管内寄生虫のことなら福岡市の室見動物病院まで

 

 

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop