Blog

2017.07.06更新

こんにちは、冨永です。

先日フード会社のヒルズさんに院内セミナーをして頂き

いいことをたくさん教えていただいたので、みなさんにもお伝えします!
今回の内容は、"ダイエット"についてでした。
私にとっては耳が痛い内容でしたehe

ダイエットを頑張らなければいけないのは

動物も人もおなじですねshun

 

さて、さっそくですが
診察のとき、先生に
「ちょっと体重増えてますね~、もう少し落としましょう!」
と言われたことはありませんかni
先生と一緒に診察室に入ると、1日に1回は聞く言葉ですlight bulb

言われたことがある飼い主さん!!
愛するワンちゃん、ネコちゃんのためにダイエットがんばってみませんか?
太っていると、、、
様々な病気になりやすい関節を痛めやすい

などデメリットがたくさんありますgan

健康に長く過ごすために、適正体重であることは重要なのですmagnifier

 

padステップ1
理想体型を知ろうlight bulb
ボディコンディションスコア3が理想です。4.5になるとダイエットが必要です。
ヒルズさんの「ヘルシーウエイトプロトコール」というサイトでは

ワンちゃんの骨格を入力することで適正な体重やフードの量を教えてくれます!

例)当院の紀州犬の龍之介に協力してもらいました。

龍之介BCS

padステップ2

何をどれくらい食べているのか知ろうlight bulb
4.5に当てはまる方は、今何をどれだけたべているか

私たちでいうレコーディングダイエット(記録)をしてみましょう!

 

padステップ3 ※この段階で来院していただくと良いアドバイスができると思います!
1ヵ月後の目標体重を設定ni
上手くいけば、長期間の目標を決めましょう!


と、このような感じでスタートさせていきたいと思っています!


ブログを読んで、当てはまっているかも?!と思った方!

もう、さっそくダイエット計画をスタートしたワンちゃんもいます!!
私たちもサポートさせていただきますので
gyamegaphone一緒に頑張りましょう!

 

ダイエットのことなら早良区の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

PageTop