Blog

2017.12.29更新

年末年始

投稿者: 室見動物病院

2017.12.11更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。・艸-。)

 

朝・夕は肌寒くなってきましたね。

寒さに苦手な私には厳しい季節が今年もやってきますsnow

 

さて、今回は先日栄養学セミナーに参加してきたのでわんちゃんねこちゃんの栄養素のお話をしたいと思いますo(^▽^)o

 

わんちゃんやねこちゃんに必要な栄養素は、必要摂取量が多い順番に
right arrow炭水化物right arrow蛋白質right arrow脂肪right arrowミネラルright arrowビタミンと言われています。

 

pad
あらゆる栄養素のうち最も重要なもので、生命の維持に不可欠なものです!!

生体重量の60~70%を占めています。体内の水の10~15%を喪失すると生命に危機が起こると言われていますΣ(・口・)
なので、いつでも新鮮な水が飲める環境を作っておきましょう。
なかなか、水を飲まない時の工夫例right arrow食器を替えてみる。循環式給水機を使ってみる。フードを水分量の多い缶詰にし、水分の摂取量を増やす。など

 

pad炭水化物
糖質繊維分からなります。主要なエネルギー源です。過剰に摂取すると脂肪として蓄積されていってしまうので注意が必要です。
炭水化物が含まれる食材right arrowパンやお米など

 

pad蛋白質
蛋白質は、筋肉内臓皮膚血液ホルモンなど、体の様々な器官や組織をつくる材料です。蛋白質は、アミノ酸のかたまりです。体内で合成できないアミノ酸もあるのでバランスよく取ることが大切です。

蛋白質が含まれる食材right arrow肉や魚など

 

pad脂質
脂質は、主要なエネルギー源です。蛋白質や炭水化物よりも効率のよいエネルギー源。ホルモン細胞膜などの構成、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きがあります。不足すると抜け毛カサカサ肌の原因になります。

脂質が含まれる食材right arrowバターやマーガリンなど

 

padビタミン
炭水化物蛋白質脂肪の合成・分解の手助けをします。

 

padミネラル
を作る、体液の調整神経筋肉の機能維持ホルモンの成分など、幅広く活躍しています。

 

栄養素は、バランスよくとることが大事ですnico

過剰に摂取してしまうと臓器に負担をかけてしまいますので注意していきましょうnyan

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

PageTop