Blog

2018.11.27更新

皆さんこんにちは!

動物看護師の迫田です。

最近、急に寒くなりましたねun

自転車通勤がツライ季節になりましたen

防寒グッズを引っ張り出したいと思います!

皆さんも外出の際は防寒バッチリでお出かけください!

 

 

この前私の飼っているキャバリアのぷぷくんが1歳の誕生日を迎えました( ゚∀゚ )heart2

 

 

 ぷぷ誕生日

 

 

ここまで一度も病気やケガをすることなく過ごしてくれました!

今年も健康第一で過ごしたいと思います!!!!!

(拾い食いの癖も直したいと思いますehe

 

 

 

今日は寒くなって気をつけたい病気のお話をします。

 

 

私たちは寒くなると外出が減ったり、暖かい部屋でじっと過ごすことが多くなったり

活動が一気に少なくなりますehe

わんちゃん、ねこちゃんも一緒で冬になると活動が少なくなります。

そうすると何が起こるでしょうか?

 

冬場は活動が減りお水を飲む量も減る

down arrow

おしっこの回数が減る

down arrow

作られた尿が膀胱に溜まっている時間が長くなる

down arrow

 膀胱内で細菌が増える

down arrow

 膀胱炎になる

 

膀胱炎はわんちゃん、ねこちゃんも違和感や痛みを感じます。

そうならないために私たち飼い主ができることがいくつかあります!

 

 

お水をたくさん飲ませる:スポイトや注射器みたいな物で直接飲ませたり

普段食べているドライフードをお湯でふやかして与えたりするとお水の量が増えます。

缶詰めフードにするのも一つの手です。

 

常に新鮮なお水を置いておく:わんちゃんやねこちゃんも時間のたったお水は好みません。

こまめに取り換えてあげましょう。

常に新鮮なお水が出るろ過機能の付いたお水入れなどもあるのでそういうのを設置するのもよいでしょう。

 

トイレを常に清潔にする:汚れたトイレはわんちゃん・ねこちゃん嫌がってトイレを我慢してしまいます。

 

トイレにこまめに連れていく:外でしか排泄をしない子はこまめに外に連れていきましょう。

 

膀胱の環境を整えるサプリを使う:菌を吸着したり、抗酸化作用、粘膜の状態を維持したりする成分が入っているので膀胱の環境を整えてくれます。

 

 

このように膀胱炎は私たち飼い主で予防できることもあります。

これからもっと寒くなりますsnowsnow

膀胱炎の予防をしっかりして快適な冬を過ごしましょう!

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

PageTop