Blog

2019.07.08更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。・艸-。)

 

じめじめする季節になりましたねuun
雨の日用にわんちゃん用かっぱを買ってしまいましたnico
これで、雨の日の散歩も楽しくなりましたnote

 

ラグ

 

今回は、今からの時期に増えてくる熱中症のお話をしたいと思いますburn

 

日中暑いなかで散歩したり、窓を閉め切った蒸し暑い部屋や車内にいたりすると、わんちゃんが熱中症になる危険性が高くなります

熱中症は体温をうまく下げることができなくなり、全身の働きが低下している状態です∑(*´◯`ノ)ノ

 

体温は41~42度と上がり、舌は鮮紅色~紫色

さらに進行すると・・・ショック症状を起こし死にいたるかもしれない、恐ろしい病気です

 

このような症状が出てきますdog

padぐったりして元気がない
padフラフラと歩く
padよだれが大量に出る
pad呼吸が荒い
pad体温が高い
pad食欲がない

このような症状に加え下痢・嘔吐・ケイレンなどが出てきたら緊急状態です。一刻も早い獣医師の治療が必要になるので病院へ行きましょう

 

熱中症の対策はこちら

 

室温は、夏は、温度:25~28度/湿度:50~60%くらい、冬は、温度:20~23度くらいを目安がいいようですnico

湿度が60%超えると熱中症のリスクが高まるので注意しましょう

 

またわんちゃんがパウティング(舌を出してハァハァと呼吸する)をしていたら暑いのかもしれないので温度を調整しましょう(◇’v`bd*)

 

 

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop