Blog

2019.08.05更新

 

こんにちは!動物看護師の藤廣ですpad

 

皆様はどのような夏休みをお過ごしですか?

私は先月阿蘇に行って赤牛の牛丼を食べてきましたboar

夏バテを吹き飛ばすくらいおいしかったですgya

美味しいものを食べて暑い夏を乗り越えようと思います!

肉

 

ところでみなさんは自分が飼っているわんちゃんやねこちゃんの1日に必要なエネルギーがどのくらいかご存知ですか?

例えば診察でわんちゃんやねこちゃんのお食事が変更になったとき、ダイエットが必要になったときなどご飯をどのくらい与えたらよいのか難しいですよね汗

今回は1日に必要なエネルギー量と食事量についておおまかにお話します

 

まず初めに安静時エネルギー要求量(ケージなどで動かずじっとしている時に必要なエネルギー量)を出します

 

 計算方法は、体重×体重×体重×√×√×70です

 

 

この計算から犬や猫、成長期か高齢期かなどその動物にあった計算で出していきます

 

犬・・・成犬(×1.6)、肥満傾向の成犬(×1.4)、減量の必要な成犬(×1.0)、高齢期(×1.4)

猫・・・成猫(×1.2)、肥満傾向の成猫(×1.2)、減量の必要な成猫(×0.8)、高齢期(×1.1)

 

 

例えば5kgの成犬のわんちゃんに低カロリーのw/d(小粒)というお食事に変更してもらうとします

5kgの安静時エネルギー要求量は234kcalです

このわんちゃんは肥満傾向なので(234kcal×1.4=)328kcalが一日に必要なエネルギー量となります

このw/dというご飯は100gあたり296kcalと記載されているので一日に必要なご飯は(328kcal÷2.96kcal=)111gとなります

一日二回与えるなら一回55.5g、三回なら37gずつという計算になりますね

 

いかかでしょうか??食事量の計算はなかなか難しいですよねun

食事の切り替えは急に行うのではなく徐々に慣らしていきましょう

ご不明な点があればいつでもご相談くださいlight bulb

ご自宅でわかるわんちゃんの体型チェックについてはこちらmagnifier

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop