Blog

2020.08.24更新

こんにちは、動物看護師の矢野ですleaf

8月も下旬・・・

そろそろ秋が待ち遠しいですが外はまだまだ暑いですねun

 

暑い時に気を付けなければいけないのが、熱中症

夏場に起こると思われがちですが、どんな季節でも条件が揃えば起こりうる病気

と言われているので、これから徐々に涼しくなるとはいえ油断はできませんbibibi

そして、人でもよく聞くこの熱中症ですが

重症化すると命を落とす危険性もあるというのが恐ろしいところです。

 

では熱中症が疑われるわんちゃんにはどのような変化が起こるのでしょうか?

呼吸の変化

・舌を出して呼吸をする

・ゼェゼェと呼吸音が大きくいつもより荒い

・明らかにはやい呼吸

行動の変化

・動こうとせずじっとしている

・立ち上がり歩けるがヨロヨロする

・ぐったりして元気がない

身体の変化

・触るととても熱い(お腹や内股が体温を感じやすいです)

・舌が青っぽいまたはとても赤い

・嘔吐や下痢をしている

 

熱中症にならないために・・・

・お散歩の時間

真夏のアスファルトは50℃~60℃まで熱せられるといいますgan

これでは肉球が火傷してしまいますし、四足歩行するわんちゃんは

頭や体幹部分が地面に近くなるので、人よりも地面からの熱を強く感じることになります。

なので暑い時期のお散歩は、朝は5時~6時頃、夜は21時以降が望ましいです!

わんちゃんを歩かせる前に地面を触って確認してみましょうpad

 

・次のようなわんちゃんは要注意uun

短頭種➡上部気道閉塞を起こしやすいためうまく体温を下げられないことがあります

肥満体型➡厚い皮下脂肪が体表からの熱放散を妨げてしまいます

 

・WBGT(暑さ指数)を参考にしましょう!

熱中症は気温だけでなく、湿度や日射も関係してきますので

それらを組み合わせた指標を参考にしてみるのも良いでしょうglitter

 

 

もし熱中症になっていた場合は早めの対応が肝心です!!

少しでもあやしいと感じたらすぐに病院にお電話くださいlight bulb

 

※ここまでわんちゃんメインでお話してきましたが、ねこちゃんが熱中症にならないわけではありません。

ですがわんちゃんに比べて、炎天下での外出が少ないことや、日陰を求めて比較的自由に移動できること

などから、わんちゃんほど熱中症になるリスクは高くないようです。

 

 

残りの夏も暑さに負けず、体調に気を付けてお過ごしくださいstar

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

2020.08.20更新

こんにちは、動物看護師の益田です。

お盆も終わって夏も後半に差し掛かりましたがまだまだ暑い日が続きますね。

 

 さて、今回はねこちゃんのフィラリア予防について紹介しますflower2

わんちゃんは毎月フィラリア予防をするけど、ねこちゃんは予防しないの?

フィラリア症にかかったりしないの?と気になったことはありませんか?

 

 実は、ねこちゃんもフィラリア症に罹るのです汗

症状として咳、呼吸困難、嘔吐、沈鬱、疲労、元気消失といった症状が見られます。

犬に比べて寄生数が少なく、症状も乏しいので発見が難しいと言われています。

症状が出てきたころには危険な状態に陥っていることがほとんどです。

さらに、体内でフィラリアの成虫が死ぬとアレルゲンとなって死に至ることも…

お外に出ないからうちの子は大丈夫!と油断してはいけません汗

おうちのなかでもノミダニはもちろんのこといろんな寄生虫の危険があるのですexplosion

 

 だから、かわいいねこちゃんを寄生虫から守るためには予防が必要になります!

ブロードライン

up arrowこちらのお薬はノミ・ダニ・フィラリアやお腹の中の寄生虫などを

いっぺんに予防・駆除することができます。

 

去年は院内セミナーを開催していただきフィラリアだけでなく

ノミ・ダニなどの寄生虫や感染症について詳しく学ぶ機会を頂きました。

詳しくはこちらをどうぞ

 

 投薬方法は首の後ろ、肩甲骨の間辺りの毛をかき分けて皮膚に直接に垂らしてあげるだけですglitter2

負担がかからないのでねこちゃんにストレスもかけることもありませんglitter2

1か月間の効能があるので、月1回の予防をしてあげましょう‼

投稿者: 室見動物病院

2020.08.03更新

皆さんこんにちは、動物看護師の西田ですni

暑い日が続いていますが皆様体調はいかがでしょうか。

 

 

今回は、わんちゃんのブラッシングについてお話したいと思います。

ブラッシングには、

padノミ・マダニなどの外部寄生虫を取り除く

pad皮膚や被毛についた汚れ・抜け毛・フケを取り除き皮膚を清潔に保つ

pad皮膚に刺激を与えることで皮膚の血行を促進する

といった効果が得られますglitter頻度とかける時間は1日1回~週2・3回、10分程度が目安です。

 

leaf使う道具の種類leaf

・コーム…毛の流れを整えて、毛に引っかかることで毛玉やもつれを発見することが出来ます。

・ピンブラシ…ピンの先端に玉が付いているものが皮膚を傷めにくくお勧めです。

・ラバーブラシ…ゴム製のブラシで、抜け毛除去の効果がとても高いです。力強くかけてしまうと皮膚を傷めたり、抜け毛以外の生えている毛が切れてしまいます。

・スリッカーブラシ…毛のもつれや毛玉をときほぐすのに使用します。皮膚に当たると傷つけてしまうことがあるため直接皮膚に触れないように注意が必要です。

 ブラシ

これらの道具をわんちゃんの毛の生え方に合わせて使い分けます。

わんちゃんがリラックスしているタイミングで、毛の流れに沿ってまずは背中から腰にかけて撫でながらブラシをかけていきます。

足先など身体の先端にあたる部分は敏感なため、後からブラシをかけていきます。

基本的な道具の使い分けですが、

 

長毛種(キャバリア、ロングコートのチワワ・ミニチュアダックスなど)

ピンブラシで汚れを取り除く→毛玉やもつれは毛先から少しずつスリッカーブラシか手でほぐす→コームで毛の流れを整える

短毛種(ミニチュアピンシャー、フレンチブルドッグ、柴など)

ラバーブラシで汚れと抜け毛を取り除く(柴のように毛量の多い犬種はピンブラシがお勧めです)

毛が絡まりやすい犬種(プードル、ポメラニアン、シーズーなど)

スリッカーブラシを鉛筆持ちで構えて毛先から根元に向かって少しずつかける→コームで毛の流れを整える

 

このように使い分けます。

ブラシで手の甲を撫でてみて、痛みを感じないくらいがちょうどよい力加減です。

 

ちなみに、毛玉やもつれは耳の後ろ・脇・股・尻尾の付け根といったよく動かす部分にできやすいです。

もし、毛が絡まりすぎてフェルト状の毛玉になっている場合は、ブラッシングのみで取り除くことは難しいので、怪我に気を付けてハサミやバリカンで切り取るか、

トリミングサロンで取り除いてもらいましょう。

当院でも毛玉取りを行っております。

 

毛の生え変わる春や秋、抜け毛が増える夏場はお家のお掃除も大変になることかと思います汗あらかじめブラッシングで抜け毛を取り除くことで、日々のお掃除の負担を軽減することもできます。

また、湿度や気温が高い夏場は皮膚のトラブルが多くなります!定期的なお手入れは異常の早期発見につながるので、ブラッシングでわんちゃんとスキンシップをとりつつ、皮膚の健康も保ちましょうflower2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 室見動物病院

2020.08.03更新

ねこ里親

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop