Blog

2020.09.03更新

 

こんにちは!動物看護師の藤廣です

 

気付けば8月も終わりもう9月ですね!早いです汗

まだ暑い日が続いていますが体調崩されてませんか?

 

さて、今回は子犬を迎えた方に注意する点について簡単にお話していきたいと思いますni

 

 1.安心できる場所づくりhouse

 

静かであまり人の視線の集まらない場所にサークルやケージを置くなどして定位置を決めましょう

安心して眠れるような環境を整えてあげることが大事です

 

2.トイレトレーニングdog

 

子犬の様子をよく観察してあげて下さい

ソワソワしたり周りの匂いを嗅いだり落ち着きがなくなった時は

トイレに行きたいというサインかもしれません

 

もしトイレを失敗しても叱らずに片づけて消臭しましょう

もしトイレを失敗して怒った場合『排泄=いけないこと』と子犬が勘違いし隠れて排泄したり、

食糞の原因になることもあります

 

3.スキンシップ・散歩note

 

特に生後3週~14週齢の間は社会化期と言ってこの時期に様々な経験をさせて

人の手や外の環境に慣れさせる訓練をしましょう

 

また、体のさまざまな部分に触れるようになっておくこともとても重要です!

特に足先は爪切りをするとき、口の中は歯磨きをするとき、首の後ろは注射をするときによく触られる所なので触れるようになっておきましょう

 さらに普段から体に触ることでケガやしこりなど病気の早期発見につながります

 

※子犬が疲れないよう触りすぎには注意して下さい

 

お散歩はワクチン接種が終わってからスタートしましょうstar

ワクチン接種が終わるまでは抱っこや車などで外の環境や音に慣れさせたり、家に来た人に触ってもらったりして慣れさせましょう

散歩は犬にとって脳を活性化させ、リフレッシュにもなりますし運動不足解消のためにも1日2回が理想とされています

 

 

他にも注意する点はまだまだありますが今回は簡単に3つお話させていただきました

子犬を迎えた方だけでなく、現在犬を飼っている方にも基礎知識として知っておいていただきたいです

 

わからないことや困った事があればいつでもご相談くださいpad

 

 

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop