Blog

2020.10.20更新

都合により、

10月24日(土)

臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします

投稿者: 室見動物病院

2020.10.19更新

 

こんにちは!動物看護師の藤廣です

もう10月後半ということに大変驚いてますabon

そろそろ鍋の出番ですね!鍋は毎日食べても飽きないし夕食を考えなくていいので好きです(笑)

 

前回、子犬を迎えた方に向けて注意する点についてお話しましたが今回は次の段階ともいえる

避妊・去勢手術についてお話していきたいと思います

前回のブログはこちらからmagnifier

手術は6ヶ月を超えてからが適応となっています

※乳歯の生え変わりや成長具合によって個体差はあります

 

なぜ手術をする必要があるのかと思われる方もいらっしゃいますよね

手術をする主な目的は生殖器の病気を予防するためですlight bulb

避妊手術では子宮・卵巣を、去勢手術では精巣を摘出します

 

手術は全身麻酔で行うのでもちろん麻酔のリスクは0ではありませんが、

高齢で手術を受けるより若い時に手術を受けたほうがリスクは低いです

 

また、手術を行った年齢によって予防できるものとそうでないものもあります

 

 

避妊手術を受けた場合予防できる病気・・・子宮蓄膿症卵巣腫瘍子宮・膣腫瘍

                    乳腺腫瘍(初回発情前に手術すると発症率が低い)など

 

去勢手術を受けた場合予防できる病気・・・精巣腫瘍会陰ヘルニア前立腺肥大症など 

 

 

 

また性ホルモンによって起きる問題行動を抑えるという目的もあります

 

マウンティングやスプレー行動なども性ホルモンによる問題行動の1つです

特に雌猫では発情の鳴き声、雄猫では攻撃性などが例に挙げられます

しかしこの問題行動は手術を受けたからといって必ず抑えられるとは限らないので問題行動を学習する前に手術を受けるのが良いと思います

 

また、手術後は太りやすくなるため体重管理をしっかり行わなければ

肥満になってしまうので要注意ですexplosion

 

 

手術に関することで気になることや分からないことがあればいつでもお気軽にご相談下さいleaf

投稿者: 室見動物病院

2020.10.12更新

 

日毎に秋めいてきましたねni

皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

今年もまたカレンダーをお渡しできる季節になりましたglitter

年末まで当院待合室に置いてありますので

どうぞお早目にご来院くださいpad※数に限りがあります

 

 カレンダー

投稿者: 室見動物病院

2020.10.08更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(◇’v`bd*)

 

朝晩涼しくなり肌寒さを感じる季節になりましたねnyan

 

皆さん体調はお変わりないでしょうか❔体調にご心配の所はありませんか❔

 

当院では只今、健康診断のキャンペーンを実施中です!

わんちゃん・ねこちゃんのペットドックをしておりますnote2

A~Cコースまでご用意しており、年齢に合わせて検査が出来るようになっております

ペットドックは予約制です

 

また、ねこちゃんは血液検査のみのキャンペーンもしておりますni

こちらは、予約不要です

 

キャンペーン期間は両方とも10月~12月までとなっております

内容が気になる方、ペットドック予約されたい方はお電話下さいo(^▽^)o

これから寒くなり、体調を崩しやすくなっていく季節に入るので体調管理を気を付けていきましょう!

 

では、タイトルのお話に入っていきたいと思いますnico

定期的に健康診断をして病気を早期発見することもとても大切ですが、

普段のわんちゃんの行動からでも病気の早期発見ができますので

ご紹介していきたいと思います( ̄▽+ ̄)

 

pad左右にお尻を振って歩く

right arrow股関節に異常があるかもしれません。股関節形成不全という病気がかくれているかも

 

pad抱っこしようとすると「キャン」と鳴く

right arrow脊髄神経や抹消神経に刺激が加わっているかもしれません。椎間板ヘルニアという病気がかくれているかも

 

pad首を傾けるしぐさをしている

right arrow脳に腫瘍があるかもしれません。常に傾けている症状がある場合は前庭疾患の疑いがあります

 

padごはんをこぼすようになった

right arrow歯周病になり食べずらくなっているのかもしれません

 

pad体を舐める

right arrow体の一部を舐め続けるのは痛みや痒みがあるからかもしれません。また、かまってもらえないストレスで舐める子もいます

 

pad急に怒ることが多くなった

right arrow何か痛みを訴えている可能性があります。触ろうとして怒るのであれば骨や関節が痛いのかもしれません。

 何もせずに怒るのであれば脳に異常があるのかもしれません。

 

普段の何気ないしぐさの中にも病気を発見するヒントがあるのでスキンシップをとりながらいつもと変わりないかみていけるといいですねstar

 

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop