Blog

2020.11.27更新

 こんにちは、動物看護師の益田です。

まだ秋かと思いきや、もう12月、冬だということに驚きを隠せませんglitter3

 

 

今回は混合ワクチンについてお話します。

ワクチンを接種することで、いつでも感染する可能性のある病気を防ぐことができますflower

 

ドッグランやトリミングサロンなどどこへ行くにも感染予防のためにワクチン接種したことの証明が必要になるので、生活する中で欠かせないことのひとつになりますねlight bulb

 

当院では6種10種ワクチンの2種類を用意しています。

 

 2種類の主な違い

・6種ワクチン→犬ジステンパーウイルス感染症犬パルボウイルス感染症

犬伝染性肝炎犬アデノウイルスⅡ型感染症犬パラインフルエンザウイルス感染症

犬コロナウイルス感染症の6つの感染症を予防することが出来ます。

・10種ワクチン→上記6種に加えて、4種類の犬レプトスピラ感染症の予防が含まれています。

 

福岡市内に住まわれている方は6種を接種する方が多いですが、

レプトスピラはネズミを感染源としているので

河川や田んぼの近くに住んでいたり、散歩している方、

山など自然の多い田舎によくお出かけをする方には10種をおすすめしています。

 

ワクチンを打った後は?

・1日安静に過ごし、様子を見る。

・散歩は抑えて5~10分の糞尿をさせる散歩にする。

・シャンプーは1週間控える。

 

ワクチンを打ったあとは体調を崩す子もいます。

興奮して体温があがるとワクチンの副反応を誘発させてしまう原因になります。

 

顔面の腫れ、痒み、食欲不振、嘔吐などいつもと様子がおかしいなと

思ったら迷わずご来院ください。

※副反応が出る可能性を考えて、午後も診療を行っている日の午前に

ワクチン接種することをお勧めしますpad

 

他に気になることや心配事がございましたらいつでもご相談くださいflower2

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop