Blog

2021.01.18更新

 

こんにちは!動物看護師の藤廣ですsnowman

 

朝晩寒く、なかなか布団から出れない日々が続いておりますehe

みなさんは体調崩されていませんか?

まだ1月ですが、早く暖かい春が来てほしいですね

 

今回はタイトルにもあるようにわんちゃんの乗り物酔いについてお話していきたいと思いますcar

 

わんちゃんも人と同じように乗り物酔いをし、嘔吐してしまうことがありますun

さらに嘔吐が多いと脱水症状を起こしたり、わんちゃん自身も体力を消耗してしまいます

ですので対策と予防が大事になってきます

 

まず、車の移動で出来る対策です

 

アクセルやブレーキはゆっくりかけ、安全運転を心がける

➡急な加速や揺れ、方向転換などで平衡感覚が崩れて乗り物酔いに繋がってしまいます

 

こまめに空気の入れ替えをする

➡新鮮な空気を吸えるようにし乗り物酔いを予防する

 

快適な温度設定にする

 

長時間の場合は適度に休憩を入れ、お水やトイレのチェックをする

 

しかし、乗り物に乗ることでストレスを感じてしまうわんちゃんもいます汗

 さらにストレスが状態を悪化させ、嘔吐に繋がってしまう恐れもありますexplosion

 

乗り物酔いなどストレスを感じている時にする行動がいくつかあるので

当てはまるかチェックしてみて下さいpencil1

 

☑そわそわして落ち着かない

☑あくびをする

☑吠える(鳴く)

☑震える

 

そしてこれらの症状を緩和させるお薬やサプリメントがありますstar

 

セレニア錠・・・乗り物酔いによる嘔吐の予防薬

         乗り物に乗る1時間前までに服用し、

         服用する1時間前はご飯やおやつは与えるのを控える

         ※犬のみ

 

ジルケーン・・・ストレスを緩和させるサプリメント

         車での移動の他に引っ越しやお留守番、花火や雷などのストレスにも対応

         ※犬、猫どちらも使えます

 

乗り物で移動する場面は日常生活の中で数多くあると思います

その移動を少しでも快適なものにし、ストレスを軽減していきましょうlight bulb

 

なにか気になることや分からないことがある際にはいつでもお気軽にご相談くださいleaf

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop