Blog

2021.09.16更新

9/17
 

 

telephoneお電話で空いている時間帯にご予約をお願い致します。

personal computer予約状況は前日の診療終了時点の状態であり、リアルタイムでは更新されません。

 

当院では、新型コロナの感染状況を踏まえて、飼主様の待ち時間短縮、待合室混雑緩和や利便性の向上のため「時間帯予約制」を導入しております。

pad 予約の仕組みについて

・予約は30分単位の時間帯予約制となります。

・1週間前からお電話で予約を受け付けます。

・30分ごとに複数の患者様の予約を受け付けており、その中で当日担当する獣医師の診察状況や診療内容により順番を決めさせていただきます。

・例えば9:30からの予約は、9:30〜10:00の間に診察開始予定となります。ただし、診察状況により、予定時間内に診察を開始できないこともございますのでご了承ください。

・なお、9:30からの予約の場合は、9:30までにご来院いただきますようお願い致します。

・病院に到着されましたら、受付を済ませて順番までお車でお待ちください。

pad 予約の無い場合について

・当日の急変などに対応する為、予約無しでの診察も受け付けています。

・この場合、来院された時点での予約状況の合間に予約をお取り致しますので、待ち時間が長くなることもございます。

pad 緊急対応について

・従来の受付順の時と同様に、緊急時は外来診察を一時中断し、緊急対応を行う場合がございますのでご了承ください。

投稿者: 室見動物病院

2021.09.13更新

皆さんこんにちは、動物看護師の西田です

9月に入ったとたん、朝夕と涼しくなってきましたねni

 

さて、皆さんはマダニ発生のピークが年2回あることをご存知ですか?

マダニは1年中活動していますが、主な活動シーズンといえば春~初夏のイメージが強いと思います。しかし!実は秋も大発生&活動するピークシーズンなのですburn

 

春~初夏は成虫が多く活動していますが、その成虫が産んだ卵が孵化して、秋になると幼ダニ・若ダニが大発生します

そして幼ダニたちは寄生・吸血して冬を越し、春に大人となって吸血し卵を産む、、、

と、マダニは春と秋2回のピークを経て1年中活動しているのです

 

マダニは人と動物両方に感染する恐ろしい病原体をたくさん持っています。特に恐ろしいのはSFTS(重症熱性血小板減少症候群)という、人の死亡例も多くあるウイルス感染症です

SFTSについては、こちらでも少しお話しています

http://www.muromiah.org/blog/2019/05/5-1-676062.html

 

残念ながら、SFTSに対して特効薬はありません、、、

お家のわんちゃん・ねこちゃんと私たちの身を守るためには、マダニの通年予防がとても大切です!

おやつタイプやスポットタイプなどの駆除剤で、毎月欠かさず予防しましょう

 

お散歩後のマダニチェック・ブラッシングもするとより良いです。山・草むら・公園に立ち寄ったときは特に念入りにしましょう

マダニの寄生率が高い野良猫ちゃんも近くにいないか確認し、接触を避けましょう

人では、肌の露出を避けること、忌避剤の使用をおすすめします

 

もしマダニの寄生を確認した場合は、自力で取ろうとせず、かかりつけの病院での除去をお願いしますleaf

1年を通したマダニ対策を徹底して、わんちゃん・ねこちゃん、私たちの身を守りましょう

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

ARCHIVE

PageTop