Blog

2016.09.27更新

みなさんこんにちは(*'U`*)note2

看護師の迫田です!!

だんだん涼しくなり、秋っぽくなってきました。

秋といえば食欲の秋、読書の秋…と色々ありますが

私は最近バドミントンにはまっているのでスポーツの秋にしたいと思っていますihi

 

 

さて、今回はペットドックについて少し詳しくお話したいと思いますpencil1

当院では、病気の早期発見・早期治療のためにペットドックを行っております。

以前こちらのブログでペットドックのメリットはお伝えしましたが

今日はペットドックの内容を詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

まず、流れとしては午前中,朝食を与えないまま(絶食)でご来院していただき

わんちゃん、ねこちゃんをお預かりいたします。

その時、朝採れた便と尿をお持ちください。(採れなかった場合は病院で採ります)

検査結果の説明とお迎えは夕方になります。

 

 

次に検査の内容です。

 

問診

現在の体調や病歴、食事の内容、今気になっていることなどをお聞きします。

 

 

身体検査

視診…見た目上異常な所はないか

触診…体表に腫瘍などできていないか、触って痛がる所はないか、肛門腺は溜まっていないかなど

聴診…心拍数、心臓に雑音はないか、呼吸音に異常がないか

などで全体をチェックします。

 

 

尿検査

腎臓病、糖尿病、肝臓病、膀胱炎などを調べます。

ちなみに尿検査の内容はこちらをご参考ください。

 

 

便検査

寄生虫の有無、腸内細菌や炎症、出血などを調べます。

 

 

血液一般検査

貧血、炎症、血小板の異常などを調べます。

 

 

血液生化学検査

血液中の生化学物質の数値から、肝臓病、腎臓病、糖尿病、内分泌疾患などの病気を見つけます。

 

 

レントゲン検査

胸部と腹部を撮影し、肺、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の形や大きさ腫瘍の有無などを調べます。

 

 

超音波検査

臓器内部の構造や動き方などを調べます。

 

 

その他

基礎疾患がある場合、必要な検査をご提案させていただきます。

(心臓超音波検査 甲状腺ホルモン検査 猫ウイルス検査 眼圧検査 内視鏡検査など)

 

 

複数の検査を同時に行うとより正確な診断につながり

様々な病気の早期発見、治療に繋がります。

ご家族の一員である大切なわんちゃん・ねこちゃんのためにもペットドックをおすすめいたします。

 

 

さらに!!!10~2月はキャンペーンで料金が通常よりお安くしてありますので

この機会にぜひ検査してみてはいかがでしょうか(´ー`*)?

なお、ペットドックは予約制となっておりますので、事前にご来院または電話にてご予約くださいtelephone

 

ペットの健康診断のことなら福岡市の室見動物病院まで

 

投稿者: 室見動物病院

PageTop