Blog

2016.02.22更新

おはようございます。今日はまた曇りcloud

昨日は快晴で気持ち良かったですねglitter2

そんな日は講習会で室内に缶詰が多いこの頃です汗

昨日はデジカメでの眼科診療記録の取り方を勉強してきました

iphon眼

当院は眼科専門医ではないので、数百万するような据え置き型の眼科検査機器はありませんし、

各機器にオプションでつける数十万円する記録装置もついていません。。。tears

なので、当院では観察した状態を手書きでカルテに残すアナログな眼科診療をしています。

眼科検査については以前山本獣医師が解説していますのでそちらをご参考ください

眼科検査(ドライアイ・白内障・緑内障・ぶどう膜炎・傷など)

 実はこの山本先生のブログの眼底写真やスリットランプ写真は何回も撮影しなおしているんですcamera camera camera glitter

動物の眼と獣医師の眼とその間のレンズと眼を照らすライトが一直線にならないと眼は観察できないのですmagnifier

そして、その後ろにカメラを控えないとならず

さらに動物たちは動くし眼は1cmしかないし。。。難しいんです。。。

 

でも、今回の講習会によると、iPhoneのアプリを2つと特殊なフィルムを購入すればなんとかなるらしい

ただ動作確認がiPhone6や6sだったんですよね。私のは5s汗近々試してみます

今後は診察中に首からiPhoneもぶら下がっているかもしれませんmobile phones

<副>

 

 眼科検査(ドライアイ・白内障・緑内障・ぶどう膜炎・傷など)のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.02.13更新

こんにちは雨が続きますねrain

雨が降ったり、天候が悪いと外来数が少なくなります

普段先生やスタッフが忙しそうで聞けないけど、実はこんなこと聞いてみたい!

なんていう飼主様megaphone雨の日が狙い目ですよglitter

 

さて、一昨日福岡県獣医師会の講習会に参加してまいりました

PTAPTT

こちらの内容については外科ホームページのブログに「血液凝固検査」を書かせていただきましたので是非ごらんください

 

さて、全ての飼主様へのご案内としましてはランチョンセミナーの内容から一つbookpencil2

スペクトラ

皆様ご使用中の「フロントライン」シリーズから今回新発売された寄生虫の駆除剤「ネクスガードスペクトラ」について

この薬はほぼ全ての寄生虫駆除剤が一つになったオールインワン製剤なのですglitter

昨年発売されたノミ・マダニ駆除剤「ネクスガード」にフィラリア・消化管内寄生虫駆除を加え新たにスペクトラとして発売されたました

 

この薬の特徴は

pad 今まで別々だったノミ・ダニとフィラリア予防が毎月1回の投薬で済むことglitter

pad それに加えて消化管内寄生虫も同時に駆除できることnote2

pad チュアブル剤型なので嗜好性が高いことmeal

pad 経口薬なのでシャンプーを気にせず行えることrain

効果も従来の薬と変わらないことから当院でも今年から販売を行います

 

一昨年に発売された他社のオールインワン経口薬もふくめ、

飼主様のニーズがオールインワン製剤に移行していっているとのことでした

 

当院では今年の春は従来の

・ミルベマイシン錠もしくは粉+フロントライン

・ミルベマイシン錠もしくは粉+コンフォティス

の組み合わせの他に、毎月1回の単剤で予防できる

・ネクスガードスペクトラ

・パノラミス

の取り扱いを開始します。

当院ではこれからも時代の流れや飼主様のニーズに沿ったより良い治療薬を選択していきたいと思いますので、ご理解とご協力をお願い致します

<副>

 

ノミ・ダニ、フィラリア薬のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.02.10更新

みなさんこんにちは。

獣医師の山本です。

先月の大雪の後もまだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は最近新たに発売された外耳炎の治療薬をご紹介させていただきます。

 

外耳炎は外耳道(耳の穴)にいろいろな原因で炎症がおきてしまい、お耳のかゆみや痛みを引き起こす病気です。

この寒い時期に記事を書いていますが・・・本来は春から夏にかけて気温や湿度が高くなる時期に多いです。

重症化すると炎症により耳の穴が塞がってしまったり、中耳炎や内耳炎になってしまうこともあるため注意が必要です。

 

外耳炎の子は飼い主様が見てもわかりやすい症状を出していることが多いですが、

お家のワンちゃんがこんな仕草をしていたらそれは外耳炎のサインかもしれません。

 

・頭を振る

・顔を床や家具にこすりつける

・耳が臭う

・手や足で耳をよくかいている

・首を傾ける

 

こんなサインを見かけたら早めに治療されることをお勧めします。

なぜなら外耳炎になって時間が経ってしまうと完治せずにずっと炎症を繰り返してしまうことが多いからです。

 

外耳炎の治療は様々ありますが、専用の洗浄液で耳道を洗って、外耳炎用のお薬をつけるのがメインの治療です。

ご自宅での点耳をお願いすることもありますが、当院では週に1回を目安に来院していただき、洗浄とお薬の点耳を行うことが多いです。

慢性的な外耳炎になってしまっている子は長期にわたって通院が必要なこともあります。

 

でもお家でお薬をつけるのが難しかったり、毎週通院されるのができない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回ご紹介したいのが新しく発売された外耳炎のお薬、「オスルニア」です。

 

 a

 

このお薬はジェル状になっていることが特徴で、お耳の中に長く留まることができます。

そのため、1週間間隔で2回の点耳をすると1ヶ月間効果が持続するそうです。

つまり、ご自宅での点耳の必要がなくなったり、通院の回数が減ることで飼い主様やわんちゃんの負担を軽減できる可能性のあるお薬です。

 

もちろんすべての外耳炎の子に使用できるわけではありませんので、詳しいことは獣医師やスタッフにお気軽にお尋ねください。

 

外耳炎のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.02.01更新

先々週、先週と2週連続で土曜日の診察を不在にしまして

患者様にはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

シンポジウムと学会に参加し、知識のアップデートをしてまいりましたbookpencil1

ジョイント2016

2016.1がん

詳しい内容については外科ホームページブログに書いてみましたので読んでみてください

 

各地の学会に参加すると刺激を受けますbibibi

最先端の知識や技術はもちろん、先輩方やその分野のトップの方たちとお話しすると

参考書や雑誌からでは得られない、書いていない(いや、あえて書かない?)ノウハウがたくさん習得できます

全国の同級生と話すのもまた刺激になりますし、勉強になります

 

また、今後も臨時休診や不在時には患者様にご迷惑をおかけすることとなりますが、

日々の診療に還元してまいりますので、ご了承をお願い致します

<副>

投稿者: 室見動物病院

PageTop