Blog

2021.06.24更新

こんにちは、動物看護師の益田です。

緊急事態宣言が明けましたね!まだまだ気を引き締めて感染しないように気をつけましょう!

私は自粛期間に無駄遣いをしてしまっているので財布の紐も引き締めないといけません汗

 

ところで、中毒症状についてどこまでご存知ですか?

犬猫が食べてはいけないものは皆さん知っていますよね

犬猫が食べてはいけない物についてはこちらmeal

口にしてはいけないものには中毒を起こす原因になるものがあります。

中毒といってもどういった症状がでるのか…?気になりますね

なので簡単にまとめてみましたdown arrow

 

explosionチョコレート:興奮、不整脈、けいれん

explosionネギ類:溶血性貧血、血尿

explosionキシリトール:低血糖、肝障害、血液凝固異常

explosionブドウ、レーズン:腎障害、けいれん

explosionユリ:腎障害

explosionヒト用医薬品:貧血、肝障害、腎障害、消化管出血、けいれんなど

explosion殺鼠剤:出血、血液凝固異常

explosion有機リン系殺虫剤:流延、興奮、けいれん、呼吸不全

explosion生ごみ、腐敗植物:下痢嘔吐、肝障害

explosionヒキガエル:流延、嘔吐、けいれん、不整脈

などがあります。

 

もし何か口にしてしまった場合できるだけ早く来院してください。

時間が経つと中毒物質を消化・吸収してしまい健康に影響が出てしまう恐れがあるので早い処置が必要になります。

事故を防ぐ為にも身の周りや届きそうな範囲に危険なものはないか、キッチンの出入りを制限するなど工夫をすることをお勧めします

また、この時期は雑草が生い茂るので草むらなども除草剤がまかれていたりするので注意してくださいcone road

 

投稿者: 室見動物病院

2021.06.17更新

こんにちは、動物看護師の西田です

最近スーパーでスイカを見かけるようになりましたねglitter

梅雨時のスイカが一番おいしく感じるので、買い物に来るとつい買ってしまいます( ´艸`)

 

日差しも強くなってきて、夏を感じる日も増えてきましたburn夏といえば、大雨や台風など何かと災害の多い時期でもあります

いざという時の備えとして、今回はわんちゃん・ねこちゃん用の備蓄・避難用品の一例を紹介したいと思いますleaf

 

必ず必要なもの

pad5日以上の水とフード(できれば7日分以上)

padペット用の食器

pad薬・療法食

pad首輪と迷子札

padリード(伸びないタイプ)・胴輪 

   首輪・迷子札・リードは予備も用意しておくと良いです

padケージ(クレート)・移動用キャリー

   ※キャリーに入らない猫ちゃんは、洗濯ネットで代用します

pad排泄物の処理用品(ペットシーツ、オムツ、ウンチ袋など)

 

用意したほうがよいもの

pad健康手帳(予防関連や既往歴の記録をつけたもの)

pad緊急連絡先情報(飼い主さん以外の緊急連絡先、避難所以外の預け先、かかりつけの動物病院など)

padペットの特徴が分かる写真(携帯にも画像を保存する)

padワクチン証明書

 このほかにも、タオルおもちゃ等臭いのついたもの、ねこちゃんは慣れたトイレ砂など、日頃お世話に使う日用品も用意しておくと安心です

 

その他の備え

もし避難が必要になったときのために、日頃から

padキャリーやケージで落ち着いて過ごせる

pad人や他の動物を怖がらない

pad決まった場所でトイレが出来る

pad「マテ」「オイデ」「オスワリ」「フセ」などができる ※わんちゃんの場合

ようにしつけておくと、避難先でのトラブル防止になります

 

避難先での感染予防のために、混合ワクチン狂犬病予防注射の接種ノミ・ダニ・フィラリアなどの寄生虫予防も欠かさずしましょう

定期的なブラッシングやシャンプーで体を清潔に保つことも、臭いによるトラブルを避けるため大切です!

 

まだまだお家で過ごす時間が多いかと思います

この機会に、お家の備蓄や避難用品を見直してみませんか?ni

投稿者: 室見動物病院

2021.06.07更新

こんにちは動物看護師の藤林です。

 

梅雨入りしてジメジメとした日が多く段々と暑くもなってきましたね。

まだまだジメジメとした季節は続きますが元気に頑張りましょうburn

 

犬に嚙まれると痛いぐらい力が強く、固い食べ物でも簡単に食べてしまうぐらいに

犬の歯はとても丈夫なイメージですが実際は固いものを噛むと歯が折れてしまうくらい脆いのです。 汗

犬は、噛む力に比べ犬の歯は脆く、人間のようにすりつぶしたり、嚙み砕いて食べ物を食べるのではなく

ハサミの様に切って食べ物を食べているのです。

実際に見てみると平たい形をしているのでは無く尖っていると思います。

固いものを食べ過ぎてしまうと歯が折れたりしてしまうので

固いものを食べるよりは固すぎず弾力のある物を食べる事がお勧めです。

 歯

 

 

 また、梅雨の時期は湿度によって皮膚や耳が痒くなる時期です。

もし赤みや痒みが出てきた場合には、ひどくなる前に一度診察をお願いします。tooth

投稿者: 室見動物病院

SEARCH

PageTop