Blog

2016.12.27更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。・艸-。)

12月も残りわずかになりましたねsnow

また、新しい年をもうすぐ迎えますね。1年を振り返ると今年も早かったなと思いますpue

 

先日、私の愛犬ラグちゃんのスケーリングを副院長にして頂きました!!

5歳のトイプードルなのですが5年間でこんなに歯石がついてしまいましたΣΣ(゚д゚lll)

 

歯石

 

 

なかなか、歯磨きを毎日するのは大変ですねnnn

 

奥歯のほうが磨きにくくしっかり磨けてなかったようで歯石が着いてしまいましたΣ ゚Д゚≡( /)/

スケーリング後はこんなにきれいになり、口臭もしなくなりましたnico

 

あ

今は、毎日歯磨きとご褒美に歯磨きガムをあげていますtooth

 

綺麗な白い歯を維持できるように頑張りたいと思います!!

1年後にでも歯磨きをしっかりできれば綺麗な歯を保てますよと報告ができればなと思いますdog

 

歯磨きのやり方はこちらをどうぞ。磨き方part1 part2

 

では、みなさんよいお年をお過ごしください(。u艸u。)

 

スケーリング、歯石除去のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.12.25更新

こんにちは

今年も残りわずかですが、体調変化はないでしょうか?

気になる様子がありましたらお早めに受診してください

 

さて、年末年始の診療時間変更についてお知らせです

12月28日(水)午前9〜12時 午後休診

12月29日(木)午前9〜12時 午後14時〜17時(診療時間変更)

12月30日(金)休診

12月31日(土)休診

1月1日(日) 休診

1月2日(月) 休診

1月3日(火) 休診

1月4日(水) 休診

1月5日(木)から通常診療となります

 

なお、12月31日から1月3日までの間、

福岡市獣医師会の休日当番医が市内で3ヶ所づつ10時から17時まで診察を行っております

電話0120-127974、携帯からは092-726-1404にて当番医をご確認いただき、

各当番医へ電話予約の上、受診してください。

 

また、福岡夜間救急病院は年中無休で午後21時から翌朝5時まで診察を行っています

こちらも092-504-8999へ電話予約の上、受診をお願い致します

 

休診期間中はご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承をお願い致します

 

投稿者: 室見動物病院

2016.12.13更新

みなさんこんにちはnico

あっという間に12月も半ばになりました!

これから本格的に寒くなりますが冬にはたくさんのイベントがあるので

わくわく・そわそわしてしまいますね(◇’v`bd*)♪♪

博多駅のイルミネーションも見に行きましたglitter

 

 イルミネーション

 

毎年見に行ってますが何回見てもキレイです(´ー`*)heart

 

 

先日、院内セミナーがありました。

今回のテーマは心臓についてです!

心臓はとても!とても重要な働きをする臓器です。

その中で多い僧帽弁閉鎖不全症についてお話したいと思います。

 

 

まず、心臓は4つの部屋に分かれています。

左心房・左心室・右心房・右心室

その部屋を仕切っているものを弁といいます。

弁はいったん流れた血液が前の部屋に逆流しないようにするという役割を果たしています。

その中でも左心房と左心室 の間にある僧帽弁という弁に異常が起き弁がきちんと閉まらずに

血液が逆流してしまうことが起きてしまいます。

これを僧帽弁閉鎖不全症といいます。

 

 

症状としては、咳をする・疲れやすい

運動した後や興奮した後苦しそう・失神してしまうなどです。

この僧帽弁閉鎖不全症はわんちゃんの循環器疾患の中でもっとも多くの割合をしめています。

特にマルチーズ・チワワなどの小型犬やキャバリアに多いです。

 

 

心臓病の治療は投薬とお食事の管理が必要です。

 

心臓病のお薬には

 

ACE阻害薬・・・全身の血管を広げることにより、血液を流れやすくする 心臓の負担を減らす 心臓保護作用 利尿作用

 

利尿剤・・・決意貴の循環がうまくいかないため、体内に貯留した余分な水分を尿として排泄する

 

強心剤・・・心臓の収縮力を高める 全身に送る血液の量を増やす

などがあります。

 

 

食事管理は、塩分の制限 適正なカロリーに注意が必要です。

 

 

心臓病にはそれぞれステージ分けされておりそれによって使うお薬、お食事が変わっていきます。

先ほどお話した症状が見られたり、高齢になってきたので気になるという方は

一度検査をしてみましょう。

 

 

今年も残りわずかです!!!!

みなさんお体に気をつけてよいお年をお迎えください(´ー`*)glitter3

 

僧帽弁閉鎖不全症のことなら福岡市の室見動物病院まで

投稿者: 室見動物病院

2016.11.18更新

 

こんにちは!新人スタッフの中島です。

はじめましてのブログなので、少しだけ自己紹介をさせていただきます!

出身は佐賀県の唐津市ですが、先月から福岡市民になりました。

食べることが大好きなので、おいしいお店をたくさん見つけたいです^^cakedonut

私は以前は断然犬派だったのですが、病院でかわいいねこちゃんを見て猫派になりつつあります。。

動物大好きですが、まだまだ分からないことばかりなので、

日々色々なことを学んではやく一人前になれるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします!

 

また当院では現在2017年のカレンダーを配布しております。glittercalendar

カレンダー

 

先着順でなくなり次第終了となります。

これから寒くなりますので、普段の生活で気になることなどご相談もかねて

どうぞお早めにお立ち寄りください^^

 

投稿者: 室見動物病院

2016.10.28更新

こんにちは、冨永です!

先日10月21日は我が室見動物病院のアイドル

龍之助くんの15歳のお誕生日でしたーっgyaheart3

 りゅうちゃんbd

ささやかながら、スタッフでお誕生日会をしましたcake2glitter2

長生きしてもらい、来年もお誕生日会をする予定ですstar

 

 

さて、最近もう朝晩冷え込みますが

皆様風邪など引いてないですかuun

早い方はもうそろそろ

ホットカーペットやこたつを出すころでしょうかni

そして、ワンちゃんネコちゃんに

フリースのような暖かい素材の毛布を

準備している方も多いと思いますlight bulb

が!!もしすると、今準備しているものが

ワンちゃんネコちゃんにとってあまりよくないものかもしれません…abonbibibi

通常、皮膚の症状は

夏や暖かい時期に多いのですが

ホットカーペットによる低温やけどや

フリース等の静電気で

皮膚が赤くなったり脱毛して

受診される方が冬も意外と多いのです汗

 

ワンちゃんネコちゃんたちが

暖かく過ごすためには飼い主の皆様が

少し気をつけていただければ大丈夫ですnico

 

まず、フリース等の毛布などについてですが

フリースは化学繊維なので静電気が発生します。

毛布等のタグを確認していただき、

化学繊維だった場合は

綿100%のタオルケットなどに

変更してあげてくださいihi

 

そしてホットカーペットですが

ホットカーペットと動物の間に

綿100%のタオルを引いてあげてくださいleaf

そうすることにより、伝わる熱の温度が

少し低くなり低温やけどを防ぐことができますihiheart2

 

家族みんなで快適に冬を越すために

ご協力よろしくお願いしますflower2

 

犬の皮膚病の事なら早良区の室見動物病院まで

 

投稿者: 室見動物病院

2016.10.17更新

こんにちは、動物看護師の徳丸です(。・艸-。)

 

だんだん、寒くなってきましたね。
寒がりな私にとっては苦手な季節がやってきますuun

 

今の季節は秋!!
今年の私の秋は、読書の秋!!
読書にはまっております。
ちなみに、ファンタジー小説にはまっています。読み始めたら続きが気になってしかたがありません( ´艸`)

 

私の話はこのくらいにして、わんちゃんとの日々のスキンシップで気がつけるものってないかなと考えました。

 

スキンシップをする際にチェックしてみて病気の早期発見をできたらいいなと思いますnico

 

わんちゃんの体には、体表リンパ節と言うものが存在します( ゚∀゚ )

リンパ節とは、リンパ液の流れる管(リンパ管)の集まった所で、体のあちこちにあります。内臓付近や体の表面にもあります。体の表面にあるものを体表リンパ節といいます。

内臓近くのものは触っても腫れに気がつくことはできませんが、体表にあるものは腫れたら気がつくことができるのでよかったらスキンシップの時にチェックしてみて下さい(。u艸u。)

 

dog触って確認できるリンパ節

 rinnpa

 


1下顎(かがく)リンパ節…首のあたり
2浅頸(せんけい)リンパ節…肩甲骨あたり
3腋窩(えきか)リンパ節…脇の下あたり
4鼠径(そけい)リンパ節…内股部付近あたり
5膝窩(しつか)リンパ節…膝の裏側あたり

 

1と5は、普段でもクニクニ触れることがあるが他のものは腫れてこないと触るのが難しいですsuu

 

腫れの原因には一番嫌なのは腫瘍、その他細菌感染ウイルス感染寄生虫感染等でも腫れがでてきます。

 

なぜ、腫れているかは病院で確認してもらいましょうnote2

投稿者: 室見動物病院

2016.10.12更新

こんにちは

今回は当院院長も毎日慌ただしく準備に追われているOne Healthについて

このOne Healthというのは世界獣医師会と世界医師会が一つとなり

人獣共通感染症をなくしていこうという目的で、

昨年のスペインに続き、今年の第2回大会が北九州市で開催されますbook

広く一般の方々にも人獣共通感染症を学んでいただこうと

今回は「宇宙から見た地球生命のつながり」と題して、

宇宙飛行士の毛利衛氏に公開講座をしていただくこととなりました県民公開講座

公開講座は事前申し込みが必要となっていますのでご確認くださいpencil2

公開講座申し込み

その他にも篠田麻里子さんを迎えてのシンポジウムなども予定されています

詳しくは下記ホームページをご参照ください

http://www.trans-uni.co.jp/2ndGCOH/

 

ぜひこの機会に会場に足を運んでみてください

様々な感染症について勉強できると思います!

 

投稿者: 室見動物病院

2016.10.12更新

こんにちは

だいぶ秋らしいすごしやすい気候になってきましたね!

この夏の猛暑でお散歩が減り、太ってしまった子達、運動の秋ですよmegaphone

 

さて、今回は福岡県獣医師会、福岡市獣医師会などが共催するイベントのご案内

ねこいのち

ふくおかの人と猫について皆さんで考えてみませんか?

当日は色々なイベントが目白押しですmegaphone

ふくおかねこのいのち

ぜひ皆様足を運んでみてください!

投稿者: 室見動物病院

2016.09.30更新

こんにちは

今週は雨が続きますねrain

雨の日は外来が少なく、色々なお話しができるのでお勧めですよmegaphone

 

さて、当院では毎年3〜4校の中学生職場体験を受け入れております。

一生懸命実習されている中学生の姿を見かけた飼い主様もいらっしゃるのではないでしょうか?

当院での職場体験を通じて、動物病院の仕事、獣医師、動物看護師の仕事、動物達の事、少しでも参考になっていただければと思います

毎回実習をされた学生さんからはお礼のお手紙を頂いております。

私達スタッフも中学生はこんな風に感じているんだなぁといつも勉強になっています。

その中から今回は職場体験を通じて、新聞記事にまとめてくださった学生さん達がいましたので

この場でその記事をご紹介させてくださいcalendar

 職場

職場2

すごいですよねglitter たった2日間なのにこの観察力magnifier

私達も実習を受け入れて良かったなぁと疲れが吹き飛びます

記事を書いてくださった学生さん達ありがとうございましたnote2

 

余談ですが、当院の看護師で中学生時代に職場体験で動物病院に行った経験者がいます

将来の獣医師・看護師を目指して頑張っていただきたい思いでいっぱいですgya

頑張れ中学生star

投稿者: 室見動物病院

2016.09.27更新

みなさんこんにちは(*'U`*)note2

看護師の迫田です!!

だんだん涼しくなり、秋っぽくなってきました。

秋といえば食欲の秋、読書の秋…と色々ありますが

私は最近バドミントンにはまっているのでスポーツの秋にしたいと思っていますihi

 

 

さて、今回はペットドックについて少し詳しくお話したいと思いますpencil1

当院では、病気の早期発見・早期治療のためにペットドックを行っております。

以前こちらのブログでペットドックのメリットはお伝えしましたが

今日はペットドックの内容を詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

まず、流れとしては午前中,朝食を与えないまま(絶食)でご来院していただき

わんちゃん、ねこちゃんをお預かりいたします。

その時、朝採れた便と尿をお持ちください。(採れなかった場合は病院で採ります)

検査結果の説明とお迎えは夕方になります。

 

 

次に検査の内容です。

 

問診

現在の体調や病歴、食事の内容、今気になっていることなどをお聞きします。

 

 

身体検査

視診…見た目上異常な所はないか

触診…体表に腫瘍などできていないか、触って痛がる所はないか、肛門腺は溜まっていないかなど

聴診…心拍数、心臓に雑音はないか、呼吸音に異常がないか

などで全体をチェックします。

 

 

尿検査

腎臓病、糖尿病、肝臓病、膀胱炎などを調べます。

ちなみに尿検査の内容はこちらをご参考ください。

 

 

便検査

寄生虫の有無、腸内細菌や炎症、出血などを調べます。

 

 

血液一般検査

貧血、炎症、血小板の異常などを調べます。

 

 

血液生化学検査

血液中の生化学物質の数値から、肝臓病、腎臓病、糖尿病、内分泌疾患などの病気を見つけます。

 

 

レントゲン検査

胸部と腹部を撮影し、肺、心臓、肝臓、腎臓などの臓器の形や大きさ腫瘍の有無などを調べます。

 

 

超音波検査

臓器内部の構造や動き方などを調べます。

 

 

その他

基礎疾患がある場合、必要な検査をご提案させていただきます。

(心臓超音波検査 甲状腺ホルモン検査 猫ウイルス検査 眼圧検査 内視鏡検査など)

 

 

複数の検査を同時に行うとより正確な診断につながり

様々な病気の早期発見、治療に繋がります。

ご家族の一員である大切なわんちゃん・ねこちゃんのためにもペットドックをおすすめいたします。

 

 

さらに!!!10~2月はキャンペーンで料金が通常よりお安くしてありますので

この機会にぜひ検査してみてはいかがでしょうか(´ー`*)?

なお、ペットドックは予約制となっておりますので、事前にご来院または電話にてご予約くださいtelephone

 

ペットの健康診断のことなら福岡市の室見動物病院まで

 

投稿者: 室見動物病院

前へ 前へ
PageTop