去勢・不妊手術について

 人間と共同生活を送るわんちゃん・ねこちゃんには去勢・不妊手術をしてあげましょう。気持ちや行動が落ち着くだけでなく、さまざまな病気の予防にも役立つことがわかってきました。
 去勢・不妊手術はどこの病院でも行われていますが、料金も内容も方針もそれぞれ少し異なります。当院では万が一の悲しい事故が起こらないよう細心の注意を払い、先進的な機器を用いて手術を行っております。

当院の手術の特徴

術前検査をしっかり行います

 麻酔の前に検査を行います。血液検査及び心電図検査からスタートします。

 

無理をせずペットの体調優先

 去勢・不妊の手術は予防の意味合いが強いもの。何かあってはいけないので、検査の結果次第で延期をご提案することもあります。

 

麻酔への対応強化

 手術中は気管チューブによる挿管、各種モニターの設置、血管確保、点滴などを行い、麻酔時のからだの変化にすぐ対応できるようにしています。

 

去勢・不妊手術のメリットとデメリット

 よい点悪い点
去勢
(精巣をとります)
○生殖器の病気を防ぐ
精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア
肛門周囲腫瘍など
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
○体重が増えやすくなる
○性格の変化
○麻酔のリスク
○生殖器の病気を防ぐ(犬に比べるとまれ)
○尿スプレー、粗相が落ち着く(多くの場合)
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
不妊
(卵巣・子宮をとります)
○生殖器の病気を防ぐ
子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍
など
(※高齢犬では頻繁にみる病気です)
○生理時の体調の変化がなくなる
○性格の変化
○生殖能力がなくなる
○体重が増えやすくなる
○性格の変化
○犬でまれに術後に尿失禁
○麻酔のリスク
○生殖器の病気を防ぐ
子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍など
(※犬よりも発生頻度は少ないが、重症化するケースが多い)
○発情期のストレスがなくなる
○性格の変化
○生殖能力がなくなる

1. 病院で予約をとります。

2. 手術当日は午前10時00分までにご来院下さい。

3. 担当医又は動物看護師が手術の注意事項・体調を確認しお預かりします。

4. 検査によって問題がないと判断した場合、手術を行います。

5. 術後は18時から面会が可能です。元気を付けに来てあげて下さい。

6. 一泊入院となります。翌日午前中にお迎えにいらしてください。

PageTop