セカンドオピニオンについて
「何か納得がいかない」「もっと違う治療があるのでは?」
このような漠然とした不安を抱えていませんか?
そんなときはセカンドオピニオンを考えてはいかがでしょうか。
多角的な意見に触れることで、自分とペットにぴったりの治療方針や解決策が得られることがあります。
当院でも積極的に受け入れておりますのでお気軽にご相談ください。

<セカンドオピニオンとは>
今かかっている病院の治療について、漠然とした不安がある場合に、他の医師に意見を求めることをセカンドオピニオンといいます。
人間の医療においては一般的ですが、実はわんちゃん・ねこちゃんの獣医療においてもとても有効です。
主治医へ不信感があって他の病院を探すのは転院です。
セカンドオピニオンはあくまでも別の視点での意見をもらうこと。
もちろんセカンドオピニオンの結果、転院という流れはあるかもしれませんが…。
愛するわんちゃん・ねこちゃんのために、納得のいく治療方針を探ってみませんか?

セカンドオピニオンの条件

  • 飼い主さまと、双方の獣医師がセカンドオピニオンの理念をきちんとわかっていること。
  • 主治医から十分な情報が提供されること(臨床所見、検査結果、投薬歴など)。
  • セカンドオピニオンを行う獣医師が、その疾患についての十分な知識を持っていること。

セカンドオピニオンのメリット・デメリット

メリット

  • 新たな診断や治療法の提案が得られる可能性がある。
  • 主治医の意見と方向性が同じであれば安心して治療を続けられる。

デメリット

  • セカンドオピニオンが正しいとは限らない。
  • 時間と診察費用はその分必要になる。

当院におけるセカンドオピニオンの考え方

 対応可能な疾患について、セカンドオピニオンとしての診察を受け入れております。 当院で治療中の飼い主さまがセカンドオピニオンをご希望される場合は、専門医の紹介を行ったり、検査結果や治療歴の要約、あるいはカルテのコピーをできる限り提供いたします。転院をご希望の方へも、同様の対応をいたします。
 これまでの経過や治療歴がわからないままでは、転院先で診断に困ってしまったり、組み合わせの悪い薬を使ってしまう恐れがあるからです。
 すべては飼い主さまと大切なわんちゃん・ねこちゃんのために、最善を尽くしたいという思いで対応しております。

PageTop